パークマネジメントと次世代公園研究会/横浜市パークマネジメントと次世代公園研究会(関内周辺地域部会)

横浜市中区関内駅周辺地域公民連携次世代公園都市構想

201607yo

テーマ

街づくり(建築・建設)

開催日

平成28年7月13日

時 間

15:30(開場 15:15)~17:00(第2部 17:15~18:45)

場 所

横浜市中区港町2丁目9 関内駅前第2ビル2階 F室 横濱まちづくりラボ室 

参加費

無料

募集人数

30名程度

募集対象

不動産開発事業者、公園隣接用地を活用した事業をお考えの方、公園を活用した公民連携の次世代公園のアイデア、技術、サービス、ソリューションをお持ちの方、事業を行ってみたい方、連携をお考えの方、横浜の公園、公共空間をテストベットとして、またプロモーションの場として活用をお考えの方、公民連携のパークマネジメントをお考えの方、地域の地権者、住民、企業の方、等
 

パークマネジメントと次世代公園研究会/横浜市パークマネジメントと次世代公園研究会

横浜市中区関内駅周辺地域、野毛山地域をテストベットとした公民連携次世代公園都市構想

横浜市中区関内駅周辺地域公民連携次世代公園都市構想

パークマネジメントと次世代公園研究会/横浜市部会ソリューションワーキングは、パークマネジメントと次世代公園研究会のオープンイノベーションとして実施する地域別公園部会のワーキングとなります。


【テーマ】 横浜市中区関内駅周辺地域、野毛山地域をテストベットとした公民連携次世代公園都市構想
     関内駅周辺地域(大通公園・横浜公園) 部会


【概 要】

第1部 関内駅周辺地域(大通公園・横浜公園)

1.jpg

横浜市では、新市庁舎整備を契機とした関内駅周辺地区のまちづくりに取組み、リーディングプロジェクトとしての横浜文化体育館や横浜総合高校の再整備(現在PFI事業者募集中)、教育文化センター跡地利用、現市庁舎街区の利活用・再整備等を進めていきます。

現在、地元協議会の方々との意見交換や庁内での検討を行っていますが、あわせて公民連携により新しいアイデアを生み出す"場"として、「横濱まちづくりラボ」と言うプラットフォームをスタートしています。

本地域内にある横浜公園(横浜スタジアム周辺)や、大通り公園(総延長1200m、平均幅30m、面積は3.6ha)、くすのき広場、日ノ出川公園、その他周辺の公園や広場と、イセザキモール・伊勢佐木町商店街などの地域、そして同地区の公共施設や跡地(PPP、PFI等建物や機能)が連動した街づくりを行うために、公園がどうあるべきか、またどのような機能や景観、そして管理運営、公園経営が必要か、民間のアイデアや技術、運営主体などの連携を実現します。

横浜市パークマネジメントと次世代公園研究会では、オープンイノベーションのプラットフォーム機能として、PFIやPPP参画希望者のデベロッパーや公園関係者の他、様々な技術やアイデア、目的をお持ちの異分野の参加者からの課題提議やアイデア提案を頂き、それを解決、また実行するために最適なパートナーマッチングなどの部会を構成し、本地域をテストベットとした社会実験として地域導入してまいります。

第1回の研究会では、幾つかのプレゼンテーションやアンケートでの提案を頂きました。事務局案も加え、以下のプロジェクト化を進めて参ります。それ以外の提案やご意見も、引き続き募集しております。

(1) 大通公園や横浜公園を活用した防災と街の賑わい創出のためのアーバンオートキャンプ企画

(キャンプ、オートキャンプ、キッチンカー、バーベキューなどの組み合わせのためのインフラ整備と地域回遊イベント、防災訓練)

(2) 大通公園や横浜公園を活用した健康スポーツ企画

(青空健康&運動測定、新旧スポーツ競技プロモーション、超人スポーツ大会の開催)

(3) イセザキモール・伊勢佐木町商店街と大通公園を活用した次世代モビリティ活用実験とコンテスト

(約1.5㎞の伊勢佐木町と1.2㎞の大通公園の移動などの地域課題解決のために様々な小型モビリティ、パーソナルモビリティを実走し、街を活用したコンテスト競技を実施)

【現地詳細情報】

・横濱まちづくりラボ ⇒ http://www.city.yokohama.lg.jp/toshi/tosai/machilab/

・横浜大通り公園 ⇒  http://www.city.yokohama.lg.jp/minami/70minamiru/71spot-route/713park/713006.html

※提案内容が全て採用されるものではありません。また、横浜市として予算処置が必要なものは、プロポーザルや入札などの契約手続きを行うことも含みます。


【テーマ】横浜市中区関内駅周辺地域をテストベットとした公民連携次世代公園都市構想

【日 時】2016年7月13日

第1部 15:30~17:00 関内駅周辺地域(大通公園・横浜公園) 部会

第2部 17:15~18:45 野毛山公園・動物園と周辺地域 部会

【会 場】横浜市役所別館 横濱まちづくりラボ室

   横浜市中区港町2丁目9 関内駅前第2ビル2階 F室 JR関内駅南口スグ)

【参加費】無料

【対象者】

不動産開発事業者、公園隣接用地を活用した事業をお考えの方、公園を活用した公民連携の次世代公園のアイデア、技術、サービス、ソリューションをお持ちの方、事業を行ってみたい方、連携をお考えの方、横浜の公園、公共空間をテストベットとして、またプロモーションの場として活用をお考えの方、公民連携のパークマネジメントをお考えの方、地域の地権者、住民、企業の方、等

【対象地域1】

大通り公園、横浜公園を中心に
横浜市役所、横浜スタジアム、横浜文化体育館、横浜総合高校、教育文化センター、伊勢佐木町(モール商店街)の活用を含む地域

【プログラム案】

  第1部 15:30~17:00 関内駅周辺地域(大通公園・横浜公園) 部会

・横浜市都市整備局 都心再生課より、計画概要や課題等の説明
 市役所移転、関内状況、横濱まちづくりラボ、青少年交流センター跡地利用等
・計画地域内地権者等の意見
・関連技術やソリューションのプレゼンテーション

 ◎「災害時の為のキャンピングカー、トレーラーハウスを活用したオートキャンプ」
 一般社団法人日本RV協会 理事 副会長 高橋宣行氏
http://www.jrva.com/

 ◎「防災拠点・一時避難地への電力供給について」
 三菱電機株式会社 神戸製作所 社会システムソリューション・グローバルプロジェクトグループ 担当部長 永野伸明氏

 ◎「東日本大震災被災地の仮設住宅におけるトレーラーハウス活用支援と先端技術」
 国立研究開発法人産業技術総合研究所
 ロボットイノベーション研究センター 副研究センター長(兼務)知能システム研究部門 工学博士 大場光太郎氏


・参加者間でディスカッション
・現地公園予定地と周辺地域の見学
・参加者交流会
・ほか

 総合コーディネーター
  新産業文化創出研究所 所長 廣常啓一

※第2部 15:30~17:30 野毛山公園・動物園と周辺地域 部会の詳細、またお申し込みは 
     ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001605.php


【現地詳細情報】

・横濱まちづくりラボ ⇒ http://www.city.yokohama.lg.jp/toshi/tosai/machilab/

・横浜大通り公園 ⇒  http://www.city.yokohama.lg.jp/minami/70minamiru/71spot-route/713park/713006.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【企画運営】
・横浜市
・パークマネジメントと次世代公園研究会
・新産業文化創出研究所


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【パークマネジメントと次世代公園研究会とは】

公園の本来の存在価値として「社会や地域のニーズや課題解決(ソリューション)に資する次世代に継続する公園であること」、そして、その為に「公園の持つ課題の解決策や可能性を最大化し、相応しい公園経営(整備からマネジメント)を幅広い関連学問や産業とともに創出しパークインダストリーとして国内外に展開する機会を作る」非営利団体です。

そのために広く公共空間としての公園、及びパークマネジメントの規制や現状課題、可能性の整理と共に時代に応じた、また次の時代を創る概念を確立していきます。 まちづくりの核として、都市や地球規模の課題解決の体系に公園を組み入れていくものです。

併せて、公民連携、PPP、PFI、指定管理者制度、コンセッション、占有などの新たな可能性と異分野の参画、連携、協力を促し、サスティナブルな環境を創り出していきます

オープンイノベーションの機会(プラットフォーム)を活用し知の集積交流創出と社会との合意形成とともに公園イノベーションを追求していきます。公民連携による公園での研究開発、実証実験、開発運営、人材育成、マーケティングやブランディングなどを実施、また支援し、公園の価値創造を国内外に実践していくものです。(※ここでは様々な公園概念のある広場や緑地などを広義の公園として捉えます)

※.広義の公園(Park)とは地球と人との接点、都市と人との接点、人と人との接点のための機能を有する概念で、目の前のリアルな自然公園や都市公園、街区(児童)公園、農業公園、公共空間、ジオパーク、次世代エネルギーパーク、河川や海岸の緑地広場、団地共有広場、民間緑地や公開空地、都市開発用地など様々な緑地はその象徴的な育成や実践の場と位置づけられる。 公園内に付随する建築物やその機能(動植物園、文化施設、宿泊施設、その他公共施設)も含む。

※. Park IndustryとはEco Resilient Park の経済的、システム的、人的にサスティナブルなものとして実現するためにリアルな公園を再認識、また再活用、そして産官学民など異分野の連携を促進する核とすることで産業や文化を構築することにある。科学技術やビシネスモデルなどに縁遠かった公園にパークサイエンスとして科学的根拠、経済的根拠を明確にすることで社会との合意形成を推進し、地球規模の持続可能なResilient Indusutryに誘導する者である。スマートパークス、ヘルシーパークスなどは都市や社会の課題を具体的に解決するための平時、有事の公園ソリューションのプロジェクトテーマとなる。

※詳細ホームページ ⇒ http://www.icic.jp/park_management.html

※参考facebookページ「パークマネジメントと次世代公園研究会」 ⇒ http://on.fb.me/IpZ3X1

※参考facebookグループ ⇒ https://www.facebook.com/groups/907920252559618/

【横浜市パークマネジメントと次世代公園研究会】

◇第1回 2016年5月25日(水)
http://www.town-college.com/udx/search/001596.php

◇第2回 平成28年7月13日(水)関内周辺地域部会
http://www.town-college.com/udx/search/001603.php

◇第2回 平成28年7月13日(水)野毛山公園周辺地域部会
http://www.town-college.com/udx/search/001605.php



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

総合コーディネーター   新産業文化創出研究所 所長 廣常啓一 「災害時の為のキャンピングカー、トレーラーハウスを活用したオートキャンプ」  一般社団法人日本RV協会 理事 副会長 高橋宣行氏 三菱電機株式会社 神戸製作所 社会システムソリューション・グローバルプロジェクトグループ 担当部長 永野伸明氏
国立研究開発法人産業技術総合研究所  ロボットイノベーション研究センター 副研究センター長(兼務)知能システム研究部門 工学博士 大場光太郎氏 会場の様子
ページの先頭へ戻る