「地球科学ビジネスイノベーション研究会」「パークマネジメントと次世代公園研究会」「みんなの地球公園会議」「Wi-SUN活用事業研究会」「空間知能化研究会」「宇宙ビジネス研究会」「まちづくり都市再生研究会」「都市の弱点研究会」「インフラマネジメント研究会」「防災復興cafe」の共催

第3回 地球科学ビックデータの組合せによるグリーンレジリエンス、ビジネス創出 「リモートセンシング等による地球のビックデータ活用のビジネス創出」

20160208-2

テーマ

ビジネス・経営(ベンチャー)

開催日

平成28年2月8日(月)

時 間

14:00~16:15

場 所

秋葉原UDX4F ゲストルームE

参加費

無料

募集人数

30名

募集対象

どなたでも参加可能です
 

「地球科学ビジネスイノベーション研究会」「パークマネジメントと次世代公園研究会」「みんなの地球公園会議」「Wi-SUN活用事業研究会」「空間知能化研究会」「宇宙ビジネス研究会」「まちづくり都市再生研究会」「都市の弱点研究会」「インフラマネジメント研究会」「防災復興cafe」の共催

第3回 地球科学ビックデータの組合せによるグリーンレジリエンス、ビジネス創出 「リモートセンシング等による地球のビックデータ活用のビジネス創出」


リモートセンシング(Remote Sensing)とは、対象を遠隔から測定する手段であり、狭義には、人工衛星や航空機などから地球表面付近を観測する技術を指すことが多い。

ここでは、人工衛星や航空機からの観測装置である写真、放射計、レーザープロファイラー、レーダーなどによる地球の様々なデータを活用したビジネスの創出を異分野で確立するためのプラットフォームを目指します。

気象や地質、防災などに活用されるこうしたデータを都市のエリアマネジメントやパークマネジメントに活用する、またエンタテイメントや生活データ、広告やマーケティングリサーチとして新たな活用方法を産み出すことを目的としています。

地球のビックデータのセンシングに加え、地上の様々なビックデータと組み合わせることで、これまで想像もしなかった新たなビジネスが生れてくることが期待できます。

G空間シティ構築事業などのG空間データのプラットフォーム活用もその一つとなる。

※衛星からのセンサ(観測器)には,紫外線や光,赤外線を使うカメラやスキャナーなどの光学系センサと, 雲や霧を貫通し昼夜を問わず観測ができるレーダなどのマイクロ波センサがあります。

※地上の組み合わせセンサやデータは環境データや生態(バイタル)センサ、その他様々なビックデータがあり、今後、本研究会で組み合わせて参ります。


【開催日時】 2016年2月8日(月)14:00~16:15 (第2部17:00~)

【開催場所】  東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX4階 ゲストルームE 

【募集人数】  30名 ※参加無料

【プログラム】

基調発表

◎小林 優介氏 一般財団法人リモート・センシング技術センター 研究開発部 主任研究員 博士(工学)


「920MHz帯マルチホップ無線を利用したIoTの取り組み」

◎川西 素春氏 沖電気工業株式会社(OKI) 通信システム事業本部 スマートコミュニケーション事業部 シニアスペシャリスト

 

◎その他

 現在、講師調整中です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本研究会の目的

地球の様々なビックデータと私たちの生活やビジネスのデータを組み合わせ、その関係性を導き出すことで、まちづくりや防災、農業や物流、商業としての小売りやサービスなどのマーケティングに重要な情報活用を実現することができるようになります。


こりまでも、気象データや地震予知情報、河川などの増水情報などのテータは、それ単独の目的としても衛星や各種センサなどにより、活用されてきました。また、道路地図と交通情報などから渋滞や迂回情報、渋滞予測なども利用されるようになっています。道路や橋梁、トンネルなどのメンテナンス対策情報もインフラ老朽化による災害対策として進み出しています。


マーケティングデータとして人の動きやPOSなどの買物情報と広告情報を組み合せていたものが発展し、気象データなどの地球科学情報を組合せることにより、食品の売上予測や仕入支援などにも活用されるようになってきました。


最近では、総務省などの推進するG空間シティ構築事業(http://www.g-city.go.jp/)などにおいて、街におけるひとの動きを様々なICT、IoT技術と組み合わせ、空間知能化が進み出しています。


本企画は、こうした地球科学のビックデータの取得技術やその活用技術、ビジネスモデルの開発などを、様々なデータの組合せ、様々なデータベース所有者や分析者の組合せ、ユースケースの開発やユーザーなどのとマッチングを目的に異分野のオープンイノベーションの研究会として開催するものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1回 2015年10月28日

 ◆詳細は⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001505.php


第2回 2016年1月下旬 開催予定

 ◆詳細・申込みは⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001556.php


第3回 2016年2月8日14時~16時15分

 ◆詳細・申込みは⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001559.php

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【関連プログラムのお知らせ】

2016年2月8日の同日、17時から、同フロアーにて「パークマネジメントと次世代公園研究会」で 「スマートパークス、ヘルシーパークス」~先端技術活用の次世代公園都市整備とマネジメント~の研究会を開催致します。


◆詳細は ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001544.php


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※本企画は「地球科学ビジネスイノベーション研究会」「ビックデータ活用研究会」「パークマネジメントと次世代公園研究会」「みんなの地球公園会議」「Wi-SUN活用事業研究会」「空間知能化研究会」「宇宙ビジネス研究会」「まちづくり都市再生研究会」「都市の弱点研究会」「インフラマネジメント研究会」「防災復興cafe」などの共催で開催致します。



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

ページの先頭へ戻る