空想学会cafe

「ロボットが人間に近づくのか、人間がロボットになっていくのか」」フィクションコンテンツのロボット、サイボーグ、機械人をゆる~く語るサロン

20150813dl

テーマ

環境・自然・宇宙

開催日

平成27年8月13日(木)

時 間

17:00~19:30

場 所

秋葉原UDX4F ゲストルームE

参加費

無料

募集人数

30名

募集対象

どなたでも参加可能です
 

空想学会cafe
漫画、アニメ、SF、特撮、映画などのフィクションのコンテンツを題材にロボットやサイボーグ、機械人の議論をクリエイター、研究者、オタク、ファンで語り合う「ゆる~い」アルコール片手にトークする交流サロンとなります。

お盆休み、夏休み期間にお時間のある方、暑気払いを兼ねて飲みながら漫画アニメ、特撮、SFの議論、ロボットやコンピューター、人工知能、ライフログなど科学技術の議論、医療やヒューマンサイエンス、人工臓器や人工肢体の議論、産業や人口問題、社会課題、宇宙開発などの議論、異分野の連携やそこから産れるイノベーションなどを期待したシナリオのない企画です。どなたでも無料で参加できます。

概 要

【テーマ】「ロボットが人間に近づくのか、人間がロボットや機械になっていくのか」フィクションコンテンツのロボット、サイボーグ、機械人をゆる~く語るサロン


【日 時】 平成27年8月13日(木)17:00~19:30

                (受付16:40~)

【場 所】 秋葉原UDX4F ゲストルームE

【参加費】 無 料 

 (飲み物、アルコール、軽食など持ち込みOK、実費販売も致します。また差し入れ大歓迎!!)

【対象者】 本テーマに関心のある方ならどなたでも

【進め方】 コアトークメンバーのトークライブ、議論を皮切りに参加者がが自由に発言し交流する気軽な場。飲み物の持参や会場販売するアルコール片手に楽しい時間をつくっていきます。

話しのスタートをコアトークメンバーから行って頂きます。漫画アニメ特撮や映画のクリエイター、プロデューサー、雑誌社、新聞社、大学などの教授、研究者、政府関係者、オタクの皆様にコアトークメンバーのお声掛けをしております。


  ファシリテーター 新産業文化創出研究所 所長

         廣常 啓一


【トーク事例】
話しの起こりは銀河鉄道999現実化プロジェクト。松本零士先生の世界観である。銀河鉄道999のストーリーではお金持ちは機械化人になることができるというのは、医療などが発達し、高額な人工臓器などで延命できることなどがその象徴ではないか、また記憶が人工知能としてコンピューター内に残せるのであれば肉体、及び機械の体すら必要とになるのだろうか。
また、ロボットが進化し人間の感情を持つ、また人間と共存、恋愛などにつながるのか、ロボット通しの恋愛は・・・
鉄腕アトムのようなアンドロイド、ヒューマノイド、またリモコンの鉄人28号、搭乗、装着するマジンガーZやガンダム、猫型ロボットとしてのどらえもん・・・・・

空想学会cafeロボット3.jpgのサムネール画像のサムネール画像

※同日、15:45~16:45に銀河鉄道999現実化プロジェクト初回参加者説明会 も開催しています。

■詳細・申込みは⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001485.php

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
産官学連携、学際連携、異業種の連携などの推進を阻んでいた目に見えない壁があります。文系理系の違い、会社の規模や肩書、価値感の違いや慣習、リテラシー、既成概念、業界の不文律、実社会の制約や法律、常識等の壁が要因となっています。この壁をフィクション(空想)の世界で自由に発言、発想、交流することでイノベーションや異分野連携を産み出すことに近づくことができます。

こうしたイノベーション創出のプラットフォーム(場、機会、プロジェクト)を「空想学会」「空想商品開発研究所」と位置付けています。

【空想学会】
空想学会とは漫画やアニメ、SF、特撮、小説や映画などフィクションのコンテンツのストーリーや表現、登場する人物や製品、事象、まちなどを科学技術(法律、経済、文化人類学などの社会科学も含む)で論ずる学際学問体系となります。
【空想商品開発研究所】
フィクションコンテンツの事象を様々な先端科学技術や自然科学、社会科学などにより分析、裏付けされた科学技術やアイデアを活用した商品や事業、またその研究にパートナーや資金、開発実装環境、販路などのビジネスマッチングを行うイノベーション創出のビジネスプラットフォームが「空想商品開発研究所」です。

産官学民連携.jpgのサムネール画像のサムネール画像



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

ページの先頭へ戻る