Wi-SUN活用事業研究会

第2回Wi-SUN活用事業研究会「公園と情報通信、IT化」

20150819wsun

テーマ

環境・自然・宇宙  街づくり(建築・建設)  IT

開催日

平成27年8月19日(水)

時 間

17:00~19:30

場 所

秋葉原UDX4階 ゲストルームE

参加費

無料

募集人数

100名

募集対象

IT、IOT、無線技術関係、地方自治体、公園整備や管理運営に関わる方 、まちづくりや都市計画に御関心のある方、情報通信関連の研究、事業に関わる方、 公園のPPP、指定管理にご関心のある方 、その他、新たなビジネス機会をお考えの方ならどなたでも
 

Wi-SUN技術を活用する様々なシーン、また業界、テーマなどによる部会をそうしたジャンルの他の研究会との共催で行うことにより異分野との連携や川上川下の連携を推進するために今回は「パークマネジメントと次世代公園研究会」と連携します。

公共空間としての公園などIT化、通信インフラ、センシング環境などに遅れている空白市場に対して公民連携を進めながら公園の管理コストの軽減、収益の拡大、新たなサービスの確立などイノベーションに動き出した領域にWi-SUNの可能性を追求していく勉強会となります。


◆Wi-SUN活用事業研究会
無線通信規格「Wi-SUN」によりIoTやM2M、センサネットワーク関連で様々な事業やソリューションに活用することを検討する研究会の第1回となります。

研究会では議論の中から分野別、課題別などのテーマの分科会(部会)を形成し、アイデアソン、ハッカソン、ワーキングのほか、異分野連携、プロジェクト化などに誘導していくものです。

テーマとしてはスマートコミュニティ、医療健康、福祉、防災、エネルギー、交通、ビークル、まちづくり、公共空間、住宅、オフィス、農業、流通、教育、金融、ロボット、IoT、工場・生産現場、行政サービス、国際化などのほか、参加者からの意見や希望により新たなテーマ設定も実施していくものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
概要
【テーマ】:「公園と情報通信、IT化」
       IT技術、無線技術インフラによるセンサネットワークや IoTによる公園の新たな可能性

【日 時】: 2015年8月19日(水)17:00~19:30  懇親会 19:45~22:00

【会 場】  東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX4階
       UDXギャラリーNEXT3  電話  03-5297-8200
【参加費】  無 料
【募集人数】 100名
【募集対象】 地方自治体、公園整備や管理運営に関わる方
       まちづくりや都市計画に御関心のある方、
       情報通信関連の研究、事業に関わる方、
                公園のPPP、指定管理にご関心のある方
           その他、新たなビジネス機会をお考えの方ならどなたでも

【プログラム】

◆テーマ「公園と情報通信、IT化」
 ~IT技術、無線技術インフラによるセンサネットワークやIoTによる公園の新たな可能性~

これまでIT化、デジタル化に縁の無かった公園やパークマネジメントが通信インフラやセンサネットワークなどのインフラ整備とともに巨大産業へと変貌することとなります。

インフラを活用した防災や防犯、天候情報、エネルギー管理、埴栽管理、遊具管理などのマネジメントからウェアラブルデバイスと連動した健康管理(デジタル・ヘルシーパークとPHRパーソナルヘルスレコード)、次世代のキッチンカーや移動販売車サービス、インフォメーションよる協賛ビジネス、その他、WiFiやWi-SUNなどの通信技術やIOT、M2M、センサネットワークを活用したビックデータ活用のサービスと新たな公園デバイスの開発、入出場管理や予算管理、報告書作成などのIT化など異分野の参画機会の大きな可能性が秘めており、パークマネジメントの大きな機能を担います。

シンクタンクとしてのICIC(新産業文化創出研究所)では公園IT化の活用事業やその市場規模調査等の取り組みに入ります。本研究会をスタートとして「公園情報通信部会」を創り参画メンバーの募集に入ります。(部会はオープンとクローズドの2パターン開催)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆プログラム
16:40~ 受付
17:00~17:30 参加者近況紹介、自己紹介(複数名)
◎大森高樹氏 日建設計シビル 計画設計部 副部長

◎村尾昌紀氏 株式会社科学情報システムズ

17:30~19:30     講演、ディスカッション

基本レクチャー1.「IT化の空白領域としての公園とマネジメント」
◎廣常啓一 新産業文化創出研究所 所長

基本レクチャー2.「ワールド・アーバンパークス国際大会で示されたこれからのスマートパークス&ガーデン」
◎小口健蔵氏 World Urban Parks 理事 小口健蔵オフィス代表

※参考 World Urban Parks(旧IFPRA) ⇒ http://ifpra.jp/

講演1.
「インターネット型の公園管理情報マネジメントシステムとしてのPOSAシステム」
◎関  哲哉 氏 一般社団法人日本公園緑地協会
       事業部長 兼 第一調査室長

(プレゼンテーション内容) 近日公開

  ※参考⇒ http://www.posa01.com/

講演2.
「日本の無線通信技術インフラを活用した公園IT産業の創出」
◎甕  昭男 氏 YRP研究開発推進協会会長 
       ㈱中央コリドー代表取締役
       (一財)テレコムエンジニアリングセンター前理事長
       放送大学 元理事 テレビ朝日 元常務取締役
       元郵政省技術総括審議官

(プレゼンテーション内容)      近日公開

  ※参考 YRP⇒ http://www.yrp.co.jp/yrprdc/index.html

講演3.
「IOT、M2M、ビックデータを活用した公園とマネジメントの可能性(仮題)」
◎ 稲富 正一 氏  YRP研究開発推進協会WSN協議会事務局
 株式会社YRP-IOT 第一事業部長
<稲富 正一 氏プロフィール>
パナソニックモバイルにて経営企画を担当。
Wi-SUNの利活用については、Wi-SUN利活用初期段階からセンサーネット関係の技術開発や市場開拓を行っている(株)YRP-IOTに移籍して現在に至る。
Wi-SUN業務アプリケーション利活用、各種ベンダの動向などを熟知。

  ※参考 YRP-IOT⇒ http://yrp-iot.com/iot/

講演4.
「日本初の画期的な無線通信技術Wi-SUN活用によるパークマネジメント事例(仮題)」
◎生田 朋広 氏 ローム株式会社 パワーモジュール製造課

(プレゼンテーション内容) 近日公開

WI-SUNとは日本の情報通信研究機構(NICT)が中心となって開発された無線通信技術で、最長で500m程度の距離を結び、数百kbps程度の速度で通信することができます。複数の端末がバケツリレー式にデータを中継し、遠隔地間を結ぶ通信に対応、数十km離れた機器までデータを届けることができます。センサーや組み込み機器で利用しやすいよう消費電力を極力削減できるよう配慮された仕様になっており、乾電池駆動の機器でも通信頻度が一日数十回程度の頻度なら何年も連続で稼働できるとされています。
電力送電網で各家庭に設置されたスマートメーターの情報収集や遠隔制御への応用のほか、インフラ施設・設備の監視・制御など、IoTやM2M、センサネットワーク関連での利用が見込まれています。

※参考 ローム ⇒ http://www.rohm.co.jp/web/japan/


講演5.
「Wi-Fiインフラ活用のパークマネジメント(仮題)」
~公園と周辺地域からの人の動き、軌跡データを活用した防災やイベント導線対応など~

◎潘 忠信 氏 株式会社ムロオシステムズ 代表取締役社長

(プレゼンテーション内容) 近日公開

※参考⇒ http://www.systems.muroo.co.jp/

講演6.
「衛星リモートセンシングのパークマネジメントへの活用 」
◎小林優介氏 一般財団法人リモート・センシング技術センター 

(プレゼンテーション内容) 

リモートセンシングとは、「物を触らずに調べる」技術です。リモートセンシングには様々な種類が有りますが、人工衛星に専用の測定器(センサ)を載せ、地球を調べる(観測する)ことを衛星リモートセンシングといいます。衛星に乗せた(搭載した)センサは、地球上の海、森、都市、雲などからの反射したり、自ら放射する電磁波を観測します。その観測結果から、森林伐採の状況やヒートアイランド現象、雨の強さ、洪水の被害状況などがわかります。

  ※参考⇒ https://www.restec.or.jp/

講演7. 
調整中   

講演8. ほか プレゼンテータも募集中

全体コーディネーター 
 廣常啓一 新産業文化創出研究所 所長 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※YRP ・・・下記参照

YRP、及びYRP研究開発推進協会とUDX先端ナレッジフィールド、及びICIC(新産業文化創出研究所)は情報通信技術を活用した社会課題解決、事業、産業創出、市場創造の研究開発、推進に関して連携することとなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆YRPとYRP研究開発推進協会
横須賀リサーチパーク(略称:YRP)は、電波・情報通信技術を中心としたICT技術の研究開発拠点として全体面積は約61.7ヘクタールのこの地に、現在、国際的な電波・情報通信技術の発展を目指す公的研究機関や、国内外の企業の研究所および大学の研究室が多数集積し、基礎から最先端に至る幅広い分野の研究開発活動が行われています。

詳細 ⇒ http://www.yrp.co.jp/outline/index.html

また、YRP研究開発推進協会は、情報通信技術の発展に貢献することを目指し、横須賀リサーチパーク計画の推進と、横須賀リサーチパークにおける研究開発諸事業の企画・推進を目的に設立されました。

詳細 ⇒ http://www.yrp.co.jp/yrprdc/index.html

◆UDX先端ナレッジフィールドとICIC

詳細 ⇒  http://www.icic.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆WI-SUNとは
日本の情報通信研究機構(NICT)が中心となって開発された技術で、業界団体のWi-SUN Alliance(Wi-SUNアライアンス)が対応機器の相互接続性の試験や製品の認証を行います。
最長で500m程度の距離を結び、数百kbps程度の速度で通信することができます。複数の端末がバケツリレー式にデータを中継し、遠隔地間を結ぶ通信に対応、数十km離れた機器までデータを届けることができます。
センサーや組み込み機器で利用しやすいよう消費電力を極力削減できるよう配慮された仕様になっており、乾電池駆動の機器でも通信頻度が一日数十回程度の頻度なら何年も連続で稼働できるとされています。
電力送電網で各家庭に設置されたスマートメーターの情報収集や遠隔制御への応用のほか、インフラ施設・設備の監視・制御など、IoTやM2M、センサネットワーク関連での利用が見込まれています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

ページの先頭へ戻る