第10回パークマネジメントと次世代公園研究会

「公園の新たな社会価値創造を考えるシンポジウム in TOKYO」 ヘルシーパーク・ヘルシーピープルがめざすもの-パークマネジメントのパラダイムシフト-

20150518gcl

テーマ

街づくり(建築・建設)

開催日

平成27年5月18日(月)

時 間

14:00~17:00

場 所

秋葉原UDX4F UDXシアター

参加費

1,000円(ニール・マッカーシー氏の講演原稿の翻訳料及び配布資料代として徴収させていただきます。)

募集人数

60名

募集対象

公園、パークマネジメント、PPPや指定管理者制度、まちづくりや都市計画に御関心のある方ならどなたでも
 

公園の新たな社会価値創造を考えるシンポジウム in TOKYO

HEALTHY PARKS HEALTHY PEOPLE SYMPOSIUM in TOKYO

  

テーマ:ヘルシーパーク・ヘルシーピープルがめざすもの

   -パークマネジメントのパラダイムシフト-

 The Goals of Healthy Parks Healthy People Movement

 -Paradigm Shift of Park Management-

 

 開催趣旨

 少子化、高齢化の進行、震災復興、低迷する経済など私たちの社会を取り巻く環境には、克服しなければならない課題が沢山あります。こうした中、営々と築いてきた公園のストックを、社会が抱える課題解決のために徹底的に活用するマネジメントが求められています。これは、これまでのパークマネジメントの概念を大きく変えるパラダイムシフトといってもいいでしょう。

  昨年11月にオーストラリア・シドニーのオリンピック公園でIUCN(国際自然保護連合)が10年ごとに開く世界公園会議が6,000名の参加者のもと開催されました。この大会の議論を支配する大きな潮流の一つが、「ヘルシーパークス・ヘルシーピープル」であったように、いま、世界中で「ヘルシーパークス・ヘルシーピープル」の取組みが広がっています。

  このスローガンは、オーストラリア・ビクトリア州で1999年に神の一撃として始まりました。当時ビクトリア州では、公共部門改革の原則(①結果責任と説明責任②顧客重視③小さな官僚機構④市場メカニズムの導入⑤公的機関の専門的かつ実務的な経営)のもと、政策が打ち出され、公園部門においても、二つの公園局(国立公園局と、メルボルン市とその周辺の主な都市公園を管理するメルボルン公園・水路局)の合併によりパークス・ビクトリアが誕生しました。

  パークス・ビクトリアは、現在、メルボルンの都市公園と、国及び州の公園と保護地区等の管理を行っています。その管理規模は、公園と保護地などを合わせ4百万ヘクタールで年間来訪者は95百万人を数えます。

  本シンポジウムで基調講演していただくニール・マッカーシー氏は、このパークス・ビクトリアのゼネラル・マネージャーとして、新しい時代のパークマネジメントを追求し、顧客志向のマーケティング手法を駆使し、公園の新たな社会価値の創造「ヘルシーパークス・ヘルシーピープル」に取組み、健康部門において多数の企業・団体等とパートナーシップを形成し、多くの人々を公園や自然地に足を運ばせるなど、今日のビクトリア州のパークマネジメントの成功を支えました。

 この度ニール氏が、5月14日に兵庫県淡路島で開催する国際シンポジウム「パークマネジメントの未来」で基調講演をするために来日する機会を捉え、「ヘルシーパークス・ヘルシーピープル」のコンセプトづくりや実際に取り組まれたことなどを通じて今の時代に必要なパークマネジメントのパラダイムシフトについて東京でもお話ししていただきます。

 また、ニール氏は、この4月に新しく発足したWorld Urban Parks の創設に大きな貢献をしました。World Urban Parksは、世界の都市公園とオープンスペース、そしてレクリエーション部門を代表する新しい国際組織です。都市の成長とともに、2050年には世界人口の70パーセントが都市に住むと想定されています。こうした時代において、不可欠なのは、緑の都市づくりやオープンスペース、レクリエーション、健康づくりなどの知識を共有することであり、この分野に携わるすべての人々や組織を代表して必要な声を上げることです。ニール氏は、健康的で住みやすい、持続可能な社会やコミュニティをつくるために多くの方々にWorld Urban Parks への参加を呼び掛けています。

   さらに、シンポジウムでは、これからの公園で求められる人々の健康づくり、公園を含めた自然環境の健全性の確保など日本での実践事例を紹介するとともに、パネラーと参加者とで公園及び周辺地を活用した健康づくり、生態系再生、それらに関心ある様々なステークホルダーがどうかかわるべきかなどについて考えます。

公園に関わる専門家の方々、公園や健康づくり、生態系の再生、アウトドア、医療、福祉、介護などに関心のある企業や団体の皆様、一般市民の方々どなたでも歓迎です。どうぞ奮ってご参加ください。

 

 主催 

UDXオープンカレッジ・公園の新たな社会価値創造を考えるシンポジウムin TOKYO実行委員会

 

構成団体 

一般社団法人日本公園緑地協会、一般財団法人公園財団、IFPRA(International Federation of Parks and Recreation Administration)ジャパン、一般財団法人日本造園修景協会、一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会、一般社団法人日本造園建設業協会、一般社団法人日本公園施設業協会、公園管理運営士会、首都圏みどりのネットワーク(首都圏公園緑地関係団体連絡協議会)1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)の公園等管理団体による首都圏公園緑地10団体 ほか 

 

共催 

パークマネジメントと次世代公園研究会(㈱新産業文化創出研究所)

 

企画・構成 一般財団法人公園財団、IFPRAジャパン

事務局運営 新産業文化創出研究所

 

日 時 

平成27年5月18日(月)13:00受付14:00~17:05シンポジウム 17:30~19:30レセプション

 

会 場 

シンポジウム:秋葉原UDXシアター(秋葉原UDXビル4階)

レセプション:中華レストラン 銀座 鹿鳴春(秋葉原UDXビル3階)

 

会 費 

1,000円(シンポジウムのみに出席の場合) 

7,000円(シンポジウムとレセプションに出席の場合+6000円)

会費は当日受付でお支払い下さい。

募集人員 

シンポジウム150名 レセプション50名 先着順に受け付けます。

申込先(シンポジウム、レセプション別々にお申込下さい。)

 

シンポジウム申込先

UDXオープンカレッジ・パークマネジメントと次世代公園研究会ホームページ

  「公園の新たな社会価値を考えるシンポジウム」申込ページ 

http://www.town-college.com/udx/search/001388.php 

レセプション申込先

UDXオープンカレッジ・パークマネジメントと次世代公園研究会ホームページ

「レセプション5月18日」申込ページ

http://www.town-college.com/udx/search/001411.php 

※造園CPDの対象(2.7の見込み)です。当日受付で手続きしてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイムテーブル

■14:00~14:05 実行委員長挨拶 有路 信氏(IFPRAジャパン会長)研究会代表 新産業文化創出研究所所長 廣常啓一

■14:05~14:55 基調講演 ニール・マッカーシー(Neil McCarthy)氏

テーマ:ヘルシーパークスヘルシーピープルがめざすもの-パークマネジメントのパラダイムシフト-

■15:00~15:25 IFPRAからWorld Urban Parksへのパラダイムシフト ニール・マッカーシー氏   千葉大学名誉教授 田代順孝氏

■15:25~15:35 休憩

■15:35~16:00 実践事例1「アウトドア・フィットネスと未来のスポーツ公園」 黒野 崇氏

■16:05~16:30 実践事例2「井の頭恩賜公園の自然再生―かいぼりが目指すもの―」細岡 晃氏

■16:35~17:05 パネラーとの質疑応答

                        コーディネーター 千葉大学名誉教授 田代順孝氏

                        司会進行  公園財団 常務理事 小口健蔵氏

■17:30~19:30 レセプション 立食パーティ

注)タイムテーブルは変更することがあります。

会場:中華レストラン 銀座 鹿鳴春(秋葉原UDXビル3階)電話03-6806-7677 

 

 講演者プロフィール

■ニール・マッカーシー氏のプロフィール

大学では森林科学を、大学院では経営管理を専攻。国内外の天然資源管理に25年以上の経験を持つ。パークス・ビクトリアの発足とともに公園部長に就任。「ヘルシーパークス・ヘルシーピ-プル」を提唱し、公園など緑の多い自然があらゆる健康に重要であることを明らかにし、これを公園管理の新しい考え方へと発展させた。現在はビクトリア州北東集水域管理機関の最高経営責任者である。また、次期IFPRA会長としてIFPRAを新しい国際公園組織であるWorld Urban Parksに変えることに尽力した。

 ■黒野 崇氏のプロフィール

大学時代、ライフ・セービング活動で人命救助の基礎、安全管理の重要性を学び、卒業後は病院に勤務。「なるべく病院に頼らない、薬に頼らない身体づくり」を提案する予防医学の現場に長く携わる。 

そこで得た経験と、サーフィンを通して知った「自然の中で身体を動かす心地よさ・楽しさ」の合致点を模索し、「アウトドア・フィットネス」という新しい領域を考案。2007年「BEACH葉山アウトドアフィットネスクラブ」創設。2010年「WIRED CAFE FIT代々木公園」、2012年「BLUE多摩川アウトドアフィットネスクラブ」、2015年「クライミングジム&ヨガスタジオ PLAY」、その他全国12ヶ所をプロデュース。株式会社BEACHTOWN 代表取締役。http://www.beachtown.co.jp 

■細岡 晃氏のプロフィール

大学では、造園学を専攻。1981年、東京都庁に就職。都庁組織のほか、建設省、渋谷区、中野区での勤務を経て、2014年から東京都東部公園緑地事務所長。これまで都市緑化の推進、緑のまちづくり・公園づくり、文化財庭園の復元等に携わる。井の頭恩賜公園を含む多摩地区の都立公園を所管する西部公園緑地事務所長時代(2012~2013)に、今日の事例発表の題材である「井の頭池のかいぼり」を指揮、地域協働で取組んだ。

シンポジウムの問い合わせ先  

 ■一般社団法人 日本造園修景協会(北山)

〒103-0004中央区東日本橋3-3-7 近江会館ビル8階TEL:03-5645-5730 FAX03-3662-8268

E-mail: kitayama@j-la.jp

■一般財団法人 公園財団(嶺岸・小口)

〒112-0014 東京都文京区関口1-47-12 江戸川橋ビル2階 TEL:03-6674-1188/FAX:03-6674-1190

 ■UDXオープンカレッジ・パークマネジメントと次世代公園研究会 事務局

株式会社新産業文化創出研究所

〒101-0021 千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX4F Tel:03-5297-8200 Fax:03-5297-8203

■IFPRAとは

IFPRA(International Federation of Parks and Recreation Administration)は、公園・レクリエーション等に関する専門家による国際的な組織で、1957年にロンドンにおける第1回公園レクリエーション世界大会において正式に発足しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆パークマネジメントと次世代公園研究会概要 :

これまでパブリックスペースとされてきた都市の公園や緑地、広場などの空間に民間と連携したPPPやPFI、指定管理や管理協定、BIDなどの新手法による開発や管理運営が行われるようになってきました。

公共の財政難等が大きくなる今日、これまでコストのかかる緑地や公園、緑地、広場と連動した公共的なスポーツ施設や文化施設の維持管理に関して民間などへの委託を含めコストの軽減から民間アイデアや規制緩和によるプロフットを得る新たな手法で持続的な管理運営や時代の新陳代謝へのフレキシブルな対応が求められるようになってきました。

民間の開発用地や管理する公開空地などの考え方も緑地率や緑視率用地、屋上緑化スペース、広場などの活用や再生可能エネルギーの創出や運用、BEMSやCEMSなどの新技術、新事業、そして規制緩和などによる新たな可能性や課題解決策も生れてきています。

 防災や防犯、まちの賑わい創出、地域コミュニティの育成やコミュニティビジネス創出、地域の不動産価値の向上や低下防止、良質な環境保全や地域ブランディングなど新たなパークマネジメントの重要性も増してきました。少子高齢化時代の都市公園や緑地スペース、ペットなどとの共生、癒しや治療への活用、その他の地域課題解決の場としてますます重要な役割と使命が出てきます。

 また、国営や自治体の公園の指定管理なども複合施設にまたがることから造園業など1業種では対応できない状態となっています。公園でのスポーツ機能、エンタテイメント機能、健康支援機能、飲食機能、エネルギー対策、ブランディングやエリアマネジメントと連動したコミュニティ育成、不動産の価値創造やブランディングなどを幅広い機能や目的を求められるようになってきています。

 その他、今後、大型の再開発や都市再生に民間の広場、緑地と合わせて公的な広場や公園などの開発整備を連動する動きも増えてきます。そこで新たな公園の考え方やパークマネジメントのあり方を体系化し、産官学民、また業界を超えたベストパートナーマッチングと具体的プロジェクトへのアプローチを目指そうというものです。

 今回のまちらぼcaféでは、こうした新しい都市の公園のあり方や、新たな開発手法、また開発や管理の技術、方法、民間企業や周辺事業者や地域住民の関わり方などをテーマとします。今回を皮切りに、都市での公園や緑地をテーマとした「次世代公園(とパークマネジメント)研究会」やその他の研究会、具体的なプロジェクトの設立も準備しています。

 各研究会はグリーンシティラボとしてのプラットフォーム機能を担い国や自治体の皆様からのテーマのオープンイノベーションの場やワークショップやセミナーを通じて開発や運営のベストパートナーとの連携マッチング、JVなどのプロジェクト化、その後のプロジェクトマネジメントなどに結びつけて行くものです。今後は「次世代公園研究会」として継続していく予定です。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※参考facebookページ「次世代公園研究会」 ⇒ http://on.fb.me/IpZ3X1

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆これまでの研究会状況

●第0回「次世代公園研究会」

  平成25年7月24日(水)18:00~20:30

 ~日本の空間特性と現代的デザインにおける実験的展開~

  詳細 ⇒ 

http://www.town-college.com/udx/search/000709.php

  ※facebookイベント

https://www.facebook.com/events/359088714218274/

●第1回パークマネジメントと次世代公園  

  平成26年9月11日(木)17:00~19:30 

  ~コストのかかる都市緑地からプロフィットを得る都市緑地空間経営へ〜

  詳細 ⇒ 

http://www.town-college.com/udx/search/001199.php

  ※facebookイベント⇒https://www.facebook.com/events/261478167386311/

●第2回パークマネジメントと次世代公園

  平成26年10月9日(木)17:00~19:30 

  ~海外の先進的な公園や公的広場から学ぶもの~

  詳細 ⇒ 

http://www.town-college.com/udx/search/001200.php

  ※facebookイベント⇒https://www.facebook.com/events/1470380799913365/

●第3回パークマネジメントと次世代公園

   平成26年11月13日(木)17:00~19:30

  ~企業の開発運営する公園から公民連携の指定管理まで~

  詳細 ⇒ 

http://www.town-college.com/udx/search/001207.php 

  ※facebookイベント⇒https://www.facebook.com/events/367706250054967/

●第4回パークマネジメントと次世代公園

  平成26年12月11日(木)17:00~19:30

  ~公園と防災・エネルギー~

  詳細 ⇒ 

http://www.town-college.com/udx/search/001208.php

  ※facebookイベント⇒https://www.facebook.com/events/1471659806442163/

 ●第5回パークマネジメントと次世代公園  

  平成27年1月21日(水) 17:00~19:30

  ~公園とスポーツ及びスポーツ施設~

  詳細 ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001268.php

  ※facebookイベント⇒ https://www.facebook.com/events/1507893672821156/

 ●第6回パークマネジメントと次世代公園  

  平成27年2月12日(木) 17:00~19:30

「地方の非採算的公園の再生プログラム」

  詳細 ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001298.php

  ※facebookイベント⇒ https://www.facebook.com/events/841368805883958/

●第7回パークマネジメントと次世代公園  

  平成27年3月19日(木) 17:00~19:30

  詳細 ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001375.php

●第8回パークマネジメントと次世代公園  

  平成27年3月19日(木) 17:00~19:30

「公園と動物、ペットの関係」

 詳細 ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001299.php

  ※facebookイベント⇒ https://www.facebook.com/events/612517672209131/

●第9回パークマネジメントと次世代公園  

「公園と花、緑、樹木」

  平成27年4月13日(月)  17:00~19:30

  詳細 ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001387.php

  ※facebookイベント⇒https://www.facebook.com/events/1047721821908184/

●第10回パークマネジメントと次世代公園  

  平成27年5月18日(月)  14:00〜17:05

  詳細 ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001388.php

  ※facebookイベント⇒https://www.facebook.com/events/642469502546190/

●第11回パークマネジメントと次世代公園  

  平成27年6月16日(火)予定 17:00~19:30

  詳細 ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001393.php

  ※facebookイベント⇒https://www.facebook.com/events/1414666625501243/

●第12回パークマネジメントと次世代公園  

  平成27年7月21日(火)予定 17:00~19:30

  詳細 ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001394.php

  ※facebookイベント⇒https://www.facebook.com/events/861773693869700/

 ●その他、各テーマ別、地域別部会があります。

 詳しくは研究会ホームページをご覧下さい。

http://www.icic.jp/park_management.html

(各回実施予定プログラム)

 

◆参加者プレゼンテーション

 ※プレゼンテーション希望者も募集しています。

◆模擬ワーキング

※現在、国や自治体から公募がある大型複合パークマネジメントや民間を含む都市再生案件の緑地、環境対策などをテーマにチームを作りワークショップ形式で議論し発表して頂く企画も準備しています。

※国や地方自治体の皆様、また公園開発や指定管理、PFIに関わる皆様からの具体的案件でのオープンイノベーションでの議論対象としてほしい地域や公園、プロジェクト、課題解決内容などの募集もしております。継続的に研究会、プロジェクトとして進めていくことも可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パークマネジメントと次世代公園研究会の分科会(部会)活動、プロジェクト活動と今後の組織化

-----------------------------------------------------------------------------

 都市公園や広場、公共空間や民間緑地、自然公園など広義の「公園」に対しての新たな整備や管理運営、経営などをテーマとした「パークマネジメントと次世代公園研究会」の毎月の定例会に、国や自治体、研究者や様々な業種業態の方々のご参加をいただいております。回を追うごとに多くの異分野のご参加が増えており、公民連携の新たな可能性も見えて参りました。

 研究会からは公民連携やPPP、PFI、指定管理、業務受託、民間活用などの様々なテーマや技術、また具体的公園などヘの企画や提言、案件やプロジェクトのパークマネジメントチームのベストマッチングなどが進められて参りました。

 これまでコストとされてきた公園にも様々な資金調達方法やプロフィットの得る方策などが提案されています。今後も公園のイノベーションやエリアマネジメントとしてまちや生活との関わり、新たな技術やサービスモデルの研究開発、人材育成のほか、国際的にパークインダストリーとしてパークマネジメントモデルを展開するなどの計画を進めていくことと致します。

 現在、パークマネジメントや次世代公園としての国際的な現状や可能性、提言などもホワイトペーパーや調査レポートとして配布できるように考えております。これまでの活動の内容の報告や別途行っています調査などもとりまとめ、皆様に配布することや研究者や実務者など関係者の共著による出版企画なども検討しております。

 その他、研究会活動も定例会に加えてテーマや目的、案件、地域のほか、参加企業別の分科会(部会)活動のほか、具体的なプロジェクト活動も開催していくこととなりました。

 テーマとしては防災・エネルギー、スポーツ施設、文化施設、ペット、IT先端技術、遊具や緑化園芸、食機能やレストラン、低炭素化や環境対策、エリアマネジネントとコミュニティ、住宅環境、オフィス環境、夜の活用と照明、防犯警備、イベント活動、芸術、教育環境、広報プロモーション、建設造園、トイレや遊具、閑散期対策や夜の活用などのほか、利用者別として高齢者やこども、女性、外国人やカップル、周辺勤務者や観光客、また資金調達(BID、クラウドファンディング、ロイヤリティビジネス、証券化ほか)、人材育成、公園産業育成、国際展開などの管理手法などを分科会活動として行います。

また、自治体の皆様からの具体的な公園の課題解決策やプロポーザルの為のサウンディング、ヒアリングのオープンイノベーションの場としてのご活用やPPP、指定管理のチーム組成としてのプロジェクト、モデルとなり得る公園や地域、開発案件などを絞った分科会なども開催致します。

詳細は ⇒ http://www.icic.jp/park_management.html

-----------------------------------------------------------------------------

 本研究会は来年度にはより活動内容を充実させその継続性を確立し、全国的、国際的に展開するための一般社団法人などの組織化(新団体)も予定しております。学会的な学術報告会から調査研究活動のほか、業界確立、産業振興、人材育成、社会への合意形成や情報発信、評価や審査、パークマネジメント支援や指導などの活動を盛り込んでいくことと致します。

 現在、研究会へご参加頂いている皆様、またまだご参加頂いてなくてもご興味をお持ちの皆様には是非とも会員として参画いただき、情報収集や人材教育、ビジネス機会やマッチング機会としてもご活用下さい。個人会員、法人会員、公共機関会員、学術会員などの会員種別も検討中です。

 現在、多方面のヒアリング等も行っております。ご意見やご要望も事務局迄、お知らせいただければ幸いです。

詳細は ⇒ http://www.town-college.com/udx/news/2014/11/post-30.php



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

ページの先頭へ戻る