第9回パークマネジメントと次世代公園

公園と花、緑、樹木

20150413gcl

テーマ

街づくり(建築・建設)

開催日

平成27年4月13日(月)

時 間

17:00~19:30

場 所

秋葉原UDX4F UDXギャラリーNEXT3

参加費

無料

募集人数

60名

募集対象

公園、パークマネジメント、PPPや指定管理者制度、まちづくりや都市計画に御関心のある方ならどなたでも
 

第9回パークマネジメントと次世代公園研究会
「公園と花、緑、樹木」


◆プログラム概要
4月は桜のお花見や春の花々、新緑など公園の植物が主役となる時期です。花や緑と触れ合う公園のマネジメント、花の生産者との連携、花や緑のイベントとその課題や課題解決策、花や緑の流通や企業協賛の可能性など花や緑を活用した公園整備やパークマネジメントについての講演、プレゼンテーションを異分野の方々を含めて行います。異分野交流やコラボの機会としても交流会などの企画を準備しています。

⚪️研究会参加者紹介
毎回、参加者全員をご紹介できないため、始めてご参加の方や遠方参加の方等含め数名の近況報告や自己紹介を頂きます。

紹介1  北九州市議会 北九州市議会議員 佐藤栄作 氏  
紹介2  八王子市都市公園指定管理者スマートパークス由木 田所 喬氏
紹介3  株式会社バルニバービ 代表取締役社長 佐藤 裕久 氏
紹介4  第一園芸 株式会社 装飾緑化デザイン室 谷口 剛史 氏
紹介5  一般財団法人 大阪府公園協会 りんくう公園 森宣之氏
紹介6  株式会社手塚プロダクション クリエイティブ部 部長 石渡正人氏/クリエーター 日高 海氏
紹介7 日本体育施設株式会社 施設サービスグループ 小熊 崇氏
紹介8 (公財)日本自然保護協会 自然保護部 後藤 なな氏
紹介9 株式会社 乃村工藝社 CC事業本部クリエイティブ局 デザイナー 津山 竜治氏


⚪️講演 
講演1. NPO法人 日本トピアリー 理事長 宮崎雅代 氏
講演2. 園芸文化協会 常務理事 奥峰子 氏 
講演3. 株式会社 サカタのタネ 広報宣伝部長 清水俊英氏
講演4. 公益財団法人 東京都公園協会 常務理事 上杉俊和 氏

□コーディネーター
     新産業文化創出研究所 所長 廣常啓一


・・【講演詳細】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■基本レクチャー「パークマネジメントと次世代公園研究会の活用方法」
新産業文化創出研究所 所長 廣常啓一

<プロフィール>:
1990年国際花と緑の博覧会 プロデューサーをはじめ、オランダ・フロリアード、中国雲南省・昆明世界園芸博覧会、淡路花博や福岡都市緑化フェア、鳥取フラワーフェスティバルなどのプロデューサーや顧問などを務めてきた。
造園や園芸の産業イノベーションから公園や公共広場の公民連携PPPなどの新たな整備やマネジメントをシンクタンクとしても提言。

■講演1:「人・まち・公園を変えたトピアリーの魅力」

NPO法人日本トピアリー 理事長
株式会社ネバーランドインターナショナル 代表取締役 宮崎雅代 氏

<プレゼン内容>:
莫大な赤字を抱えていた第三セクターでトピアリーイベントを企画・実施。目的はもちろん集客アップです。トピアリーイベントに関わるすべての人が想いをひとつに実践した結果、入場者数、収益があがったのはもちろん、成功体験を通じて職員の意識も変化した事例を、数字を交えてお話します。

<プロフィール>:
1990年、株式会社ネバーランドインターナショナルを設立しオリジナルトピアリーの制作、指導を開始。「第1回日本トピアリー大賞」を企画・運営し、大幅な集客アップの実績を残す。日比谷公園100周年ではスポンサーを得てイタリア人トピアリストを招聘し3日でトピアリーを制作するパフォーマンスイベントを企画・実施し高評価を得る。1999年設立当初から関わってきた「日本トピアリー協会」を2011年NPO法人化し、理事長としてトピアリー文化の普及に努める。制作のみならず、トピアリーを核とした観光地域活性化、地域おこし事業もてがける。
著書  「トピアリー」(グリーン情報)
TV出演「グランジュテ」「趣味の園芸ビギナーズ」(NHK教育テレビ)


■講演2: 「園芸の力で公園を一級の場所に変える」

園芸文化協会 常務理事 奥 峰子 氏
<プレゼン内容>:

<プロフィール>:
恵泉女学園 園芸生活学科卒業。ベルギー カルムタウト樹木園 及び 英国王立園芸協会 ウィズレーガーデンにて研修。東京ランドスケープ研究所を経て、1990年に有限会社 ホリーホックガーデンを設立。恵泉女学園園芸短期大学 非常勤講師を務める。「'90国際花と緑の博覧会」において優秀賞・金賞を受賞。「NHK趣味の園芸フェスティバル」(銀座松屋)のメインディスプレイを長年にわたり担当、「NHK趣味の園芸」の講師も務めた。その他、公共施設、個人庭園、並びにイベントのディスプレイ花壇のデザイン・制作および講演活動、コンテスト審査員など。
現在、しながわ中央公園と東品川海上公園の花壇監修に取組み、一年草、球根植物、宿根草などを取り入れロックガーデンやカラーコーディネイトした花壇づくりで公園を一級の場所にしている。


■講演3:「種苗と緑化」
株式会社サカタのタネ 広報宣伝部部長 樹木医 清水俊英(しみずとしひで)氏

<プレゼン内容>:
花卉を中心に公園の植栽として欠かせない植物そのものを開発する種苗メーカーの立ち位置とその取り組みを紹介します。パークビジネスにおける種苗メーカーの最大の強みは、公園を構成するメインのエレメントとなる植物を改良することができる点です。豊富な遺伝資源を元に新しい植物を開発し、その種苗を供給する源流としての重要な役割を持っていると考えています。サカタのタネは造園緑花部門をもった数少ない種苗メーカーです。育種によって機能性を高めた植物を用いて緑化の価値を高めたり、新しい栽培システムを使うことで今までできなかった場所での緑化を実現するなど、各地で取り組んでいますので事例を交えながら紹介します。

<プロフィール>:
川崎市出身。岩手大学農学部畜産学科卒業。1987年に株式会社サカタのタネに入社後、芝生の営業担当として全国のゴルフ場や公園のターフ管理や施行に携わる。造園緑化部門、資材部門を経て現職。樹木医、造園施工監理技術者1級。グリーンアドバイザー。

■講演4: 「日比谷公園ガーデニングショーが目指すもの」 
公益財団法人 東京都公園協会  常務理事 上杉俊和(うえすぎとしかず)氏
<プレゼン内容>:

<プロフィール>
東京都出身  昭和52年(1977年)東京都に入都以来、建設局、環境局、都市計画局等において、主に公園緑地行政に携わり、計画、設計から維持管理まで経験し、平成24年3月東京都退職。現在は公益財団法人東京都公園協会で都立公園、庭園等の管理運営を担当している。日比谷公園ガーデニングショー2015実行委員会副委員長


⚪️トークセッション


⚪️名刺交換、交流会、懇親会(19:45〜21:45)


◎懇親会(有料 4000円)



◆研究会概要 :
まちらぼcaféとグリーンシティラボの共催で始まりました『パークマネジメントと次世代公園』は、どの回からどなたでもお気軽に参加いただける勉強会・交流会です。

今後「次世代公園研究会」を組織化して異分野のメンバーを募り継続的なセミナーや勉強会、具体的プロジェクトの異分野連携による企画チーム作りなどへと発展させていく予定です。都市や住宅地、海浜や川などの公園や広場、文化施設やスポーツ施設などの公園複合施設、営公園や民間の大型緑地広場、公共広場などの新たなマネジメント手法や開発方法を議論していきます。
公園や広場をコアとしたコミュニティづくりなどのエリアマネジメントや地域のエネルギーシステムとの連動によるCEMS、防災賑わいづくりのインフラなどの各観点から異分野のゲストスピーカーなどを交えて開催致します。

これまでパブリックスペースとされてきた都市の公園や緑地、広場などの空間に民間と連携したPPPやPFI、指定管理や管理協定、BIDなどの新手法による開発や管理運営が行われるようになってきました。
公共の財政難等が大きくなる今日、これまでコストのかかる緑地や公園、緑地、広場と連動した公共的なスポーツ施設や文化施設の維持管理に関して民間などへの委託を含めコストの軽減から民間アイデアや規制緩和によるプロフットを得る新たな手法で持続的な管理運営や時代の新陳代謝へのフレキシブルな対応が求められるようになってきました。

民間の開発用地や管理する公開空地などの考え方も緑地率や緑視率用地、屋上緑化スペース、広場などの活用や再生可能エネルギーの創出や運用、BEMSやCEMSなどの新技術、新事業、そして規制緩和などによる新たな可能性や課題解決策も生れてきています。

防災や防犯、まちの賑わい創出、地域コミュニティの育成やコミュニティビジネス創出、地域の不動産価値の向上や低下防止、良質な環境保全や地域ブランディングなど新たなパークマネジメントの重要性も増してきました。少子高齢化時代の都市公園や緑地スペース、ペットなどとの共生、癒しや治療への活用、その他の地域課題解決の場としてますます重要な役割と使命が出てきます。

また、国営や自治体の公園の指定管理なども複合施設にまたがることから造園業など1業種では対応できない状態となっています。公園でのスポーツ機能、エンタテイメント機能、健康支援機能、飲食機能、エネルギー対策、ブランディングやエリアマネジメントと連動したコミュニティ育成、不動産の価値創造やブランディングなどを幅広い機能や目的を求められるようになってきています。

その他、今後、大型の再開発や都市再生に民間の広場、緑地と合わせて公的な広場や公園などの開発整備を連動する動きも増えてきます。そこで新たな公園の考え方やパークマネジメントのあり方を体系化し、産官学民、また業界を超えたベストパートナーマッチングと具体的プロジェクトへのアプローチを目指そうというものです。

今回のまちらぼcaféでは、こうした新しい都市の公園のあり方や、新たな開発手法、また開発や管理の技術、方法、民間企業や周辺事業者や地域住民の関わり方などをテーマとします。今回を皮切りに、都市での公園や緑地をテーマとした「次世代公園(とパークマネジメント)研究会」やその他の研究会、具体的なプロジェクトの設立も準備しています。

各研究会はグリーンシティラボとしてのプラットフォーム機能を担い国や自治体の皆様からのテーマのオープンイノベーションの場やワークショップやセミナーを通じて開発や運営のベストパートナーとの連携マッチング、JVなどのプロジェクト化、その後のプロジェクトマネジメントなどに結びつけて行くものです。今後は「次世代公園研究会」として継続していく予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※参考facebookページ「次世代公園研究会」 ⇒ http://on.fb.me/IpZ3X1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆これまでの研究会状況
●第0回「次世代公園研究会」
  平成25年7月24日(水)18:00~20:30
 ~日本の空間特性と現代的デザインにおける実験的展開~
  ※facebookイベント⇒https://www.facebook.com/events/359088714218274/

●第1回パークマネジメントと次世代公園  
  平成26年9月11日(木)17:00~19:30 
  ~コストのかかる都市緑地からプロフィットを得る都市緑地空間経営へ〜
  ※facebookイベント⇒https://www.facebook.com/events/261478167386311/

●第2回パークマネジメントと次世代公園
  平成26年10月9日(木)17:00~19:30 
  ~海外の先進的な公園や公的広場から学ぶもの~

●第3回パークマネジメントと次世代公園
   平成26年11月13日(木)17:00~19:30
  ~企業の開発運営する公園から公民連携の指定管理まで~
  ※facebookイベント⇒https://www.facebook.com/events/367706250054967/

●第4回パークマネジメントと次世代公園
  平成26年12月11日(木)17:00~19:30
  ~公園と防災・エネルギー~

●第5回パークマネジメントと次世代公園  
  平成27年1月21日(水) 17:00~19:30
  ~公園とスポーツ及びスポーツ施設~
  ※facebookイベント⇒ https://www.facebook.com/events/1507893672821156/

●第6回パークマネジメントと次世代公園  
  平成27年2月12日(木) 17:00~19:30
「地方の非採算的公園の再生プログラム」
  ※facebookイベント⇒ https://www.facebook.com/events/841368805883958/

●第7回パークマネジメントと次世代公園  
  平成27年3月19日(木) 17:00~19:30

●第8回パークマネジメントと次世代公園  
  平成27年3月19日(木) 17:00~19:30
「公園と動物、ペットの関係」
  ※facebookイベント⇒ https://www.facebook.com/events/612517672209131/

●第9回パークマネジメントと次世代公園  
  平成27年4月13日(月)予定 17:00~19:30

●第10回パークマネジメントと次世代公園  
  平成27年5月18日(月)予定 14:00~17:00
  ※facebookイベント⇒https://www.facebook.com/events/642469502546190/


(各回実施予定プログラム)

◆参加者プレゼンテーション
 ※プレゼンテーション希望者も募集しています。

◆模擬ワーキング
※現在、国や自治体から公募がある大型複合パークマネジメントや民間を含む都市再生案件の緑地、環境対策などをテーマにチームを作りワークショップ形式で議論し発表して頂く企画も準備しています。

※国や地方自治体の皆様、また公園開発や指定管理、PFIに関わる皆様からの具体的案件でのオープンイノベーションでの議論対象としてほしい地域や公園、プロジェクト、課題解決内容などの募集もしております。継続的に研究会、プロジェクトとして進めていくことも可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パークマネジメントと次世代公園研究会の分科会(部会)活動、プロジェクト活動と今後の組織化
-----------------------------------------------------------------------------

 都市公園や広場、公共空間や民間緑地、自然公園など広義の「公園」に対しての新たな整備や管理運営、経営などをテーマとした「パークマネジメントと次世代公園研究会」の毎月の定例会に、国や自治体、研究者や様々な業種業態の方々のご参加をいただいております。回を追うごとに多くの異分野のご参加が増えており、公民連携の新たな可能性も見えて参りました。

 研究会からは公民連携やPPP、PFI、指定管理、業務受託、民間活用などの様々なテーマや技術、また具体的公園などヘの企画や提言、案件やプロジェクトのパークマネジメントチームのベストマッチングなどが進められて参りました。
 これまでコストとされてきた公園にも様々な資金調達方法やプロフィットの得る方策などが提案されています。今後も公園のイノベーションやエリアマネジメントとしてまちや生活との関わり、新たな技術やサービスモデルの研究開発、人材育成のほか、国際的にパークインダストリーとしてパークマネジメントモデルを展開するなどの計画を進めていくことと致します。
 現在、パークマネジメントや次世代公園としての国際的な現状や可能性、提言などもホワイトペーパーや調査レポートとして配布できるように考えております。これまでの活動の内容の報告や別途行っています調査などもとりまとめ、皆様に配布することや研究者や実務者など関係者の共著による出版企画なども検討しております。

 その他、研究会活動も定例会に加えてテーマや目的、案件、地域のほか、参加企業別の分科会(部会)活動のほか、具体的なプロジェクト活動も開催していくこととなりました。

 テーマとしては防災・エネルギー、スポーツ施設、文化施設、ペット、IT先端技術、遊具や緑化園芸、食機能やレストラン、低炭素化や環境対策、エリアマネジネントとコミュニティ、住宅環境、オフィス環境、夜の活用と照明、防犯警備、イベント活動、芸術、教育環境、広報プロモーション、建設造園、トイレや遊具、閑散期対策や夜の活用などのほか、利用者別として高齢者やこども、女性、外国人やカップル、周辺勤務者や観光客、また資金調達(BID、クラウドファンディング、ロイヤリティビジネス、証券化ほか)、人材育成、公園産業育成、国際展開などの管理手法などを分科会活動として行います。

また、自治体の皆様からの具体的な公園の課題解決策やプロポーザルの為のサウンディング、ヒアリングのオープンイノベーションの場としてのご活用やPPP、指定管理のチーム組成としてのプロジェクト、モデルとなり得る公園や地域、開発案件などを絞った分科会なども開催致します。


-----------------------------------------------------------------------------

 本研究会は来年度にはより活動内容を充実させその継続性を確立し、全国的、国際的に展開するための一般社団法人などの組織化(新団体)も予定しております。学会的な学術報告会から調査研究活動のほか、業界確立、産業振興、人材育成、社会への合意形成や情報発信、評価や審査、パークマネジメント支援や指導などの活動を盛り込んでいくことと致します。

 現在、研究会へご参加頂いている皆様、またまだご参加頂いてなくてもご興味をお持ちの皆様には是非とも会員として参画いただき、情報収集や人材教育、ビジネス機会やマッチング機会としてもご活用下さい。個人会員、法人会員、公共機関会員、学術会員などの会員種別も検討中です。
 現在、多方面のヒアリング等も行っております。ご意見やご要望も事務局迄、お知らせいただければ幸いです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

ページの先頭へ戻る