第17回「ヘルスケアcafeオープン・ブレスト」

 「聴覚補償と情報保障」

20150310hcc

テーマ

健康医療(福祉・介護・運動・美容)

開催日

平成27年3月10日(火)

時 間

18:30~20:00

場 所

秋葉原UDX4F UDXオープンカレッジ

参加費

無料

募集人数

30名

募集対象

健康医療関連の研究やビジネスに関わる方、ご関心のある方ならどなたでも
 

第17回「ヘルスケアcafeオープン・ブレスト」のお知らせ

「聴覚補償と情報保障」

講師 : 大沼直紀(おおぬま なおき) 氏
      東京大学 先端科学技術研究センター
      聴覚補償学・きこえのバリアフリー研究室 
      参考 http://www.jeaa.info/president.html


聴覚にはヒトとしての感性を支える本源的な意義があります。聴覚障害はヒトとヒトを繋がりにくくします。誰にでも起こる老化に伴う加齢難聴は、音としては聞こえるのに言葉が聞き取れない感音性難聴がほとんどです。
"聞こえのバリアフリー"を必要とする二つの世代ピークがあります。一つは加齢による聞こえの不自由さに悩み周囲とのコミュニケーションに困難を感じる高齢難聴者。
もう一つは、新生児聴覚スクリーニングの体制が整備されるにともない超早期に難聴が発見されるようになった聴覚障害幼児とその家族です。
また、聞こえにくい聴覚の問題だけでなく、聞こえすぎる聴覚(聴覚過敏)にも対応が求められています。
聴覚障害者の聴覚補償と情報保障の環境は、社会の変化と科学技術の進歩に合わせて着実に進展しています。
補聴器と人工内耳も、生涯を通じて長期にわたって装用され始めています。

1. 開催日時:2015年3月10日(火)18:15開場18:30開始 20:00終了予定、その後交流会

2.場所: 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 4F UDXオープンカレッジ

3.参加費: 無料 

4.交流会: 会費1000円、酒肴の持ち込みも可。持ち込み者は会費免除。

5.募集人数 30名

6.主催:ICIC(株式会社新産業文化創出研究所)  UDXオープンカレッジ 
共催:HTOP(一般社団法人ヘルスケア技術オープン・プラットホーム) http://htop.jimdo.com/


【ヘルスケアcafe】とはヘルスケア、健康医療に係る研究や技術、ビジネスのプラットフォームとして実施するオー
プンな交流サロン。話題のテーマや講師によりセミナーやワーキング、ディスカッションが目的。異分野連携などを含む研究会を組成し、クローズドな共同研究や製品化、事業化などのプロジェクトへと誘導していきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

ページの先頭へ戻る