スマートモビリティシステムと次世代キッチンカー・移動販売車研究会

エレベーターも利用できるビル内移動可能な世界最小次世代マイクロEVキッチンカー

20141209kc

テーマ

資源・エネルギー  交通

開催日

平成26年12月9日(火)

時 間

15:30~18:00

場 所

秋葉原UDX6F UDXカンファレンス ルームF

参加費

無料

募集人数

40名

募集対象

以下の様な企業、研究機関、大学、行政。自動車産業、厨房業界、空調業界、エネルギー施設、設備、技術関係、スマート化BEMS関係、情報通信関係、街づくり関係、不動産所有者・ビルオーナー、不動産管理者関係、建築設計事務所、土木・建築設備工事関係、交通システム関係、災害支援防災関係、商業コンサルタント、流通業・飲食業関係、その他スマートモビリティシステムと次世代キッチンカー事業参画に意欲的な方、ものづくり、サービスでの連携をお考えの方、技術、デザイン力をお持ちの方
 

「スマートモビリティシステムと次世代バッテリー研究会」

 のホームページはコチラ

※研究会概要、講演資料、研究会プログラム等をご覧いただくことができます



スマートモビリティシステムとしてのスマートコミュニティインフラを活用した次世代のキッチンカーのビジネスをオープンプラットフォームで形成するものです。電気自動車などの躯体やインホイールモーターを活用することで、ガソリン車では消防法等の規制により侵入不可能なビルなどの不動産遊休空間の利用が可能になります。再生可能エネルギーを効率的に活用した地産地消エネルギーシステムの構築をも見据えた異分野連携プロジェクトとなります。

今年度は、技術の製品化、インフラの整備、ビジネスモデルの事業化に向けたプロジェクト推進のステージに移ります。

  研究会コーディネータ: 廣常啓一 新産業文化創出研究所

マイクロEVキッチンカー絵.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【プログラム】
第2部
スマートエネルギー活用ビジネスフォーラム
◎『スマートモビリティシステムと次世代キッチンカー・移動販売車研究会』

受 付 12:30~ (第1部受付と併せて)
    15:00~

(1)フォーラム事業、研究会説明 15:30~16:00   : 

平成26年度経済産業省委託事業「新産業集積創出基盤構築支援事業
(次世代エレクトロニクス・エ ネルギーシステム産業創出事業)」紹介
 小野恭義氏 :公益財団法人大阪市都市型産業振興センター

研究会概要とプロジェクトの参加方法
 廣常啓一 新産業文化創出研究所

(2) EV車両分科会  16:00~17:20 
プレゼンテーションテーマ1 : 
「エレベーターも利用できるビル内移動可能な世界最小次世代マイクロEVキッチンカー」

発表者 : 
三好和彦氏:株式会社ZNEM代表、空間プロデューサー
大沼敦氏:大沼敦デザイン事務所代表、プロダクトデザイナー
吉野賢城 氏 : イベントプロデューサー

※参考pdf : 東急不動産プレスリリース⇒ https://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/news/pdf/258

(3)スマートモビリティインフラ分科会 17:20~17:40
プレゼンテーションテーマ2 : 
「クリーンエネルギーを活用したEV給電網、防災インフラと次世代キッチンカー」
発表者 : 
小泉 俊明氏 : 株式会社ファンタスティック・エナジー 
ほか

(4)研究会ワーキング、参加者交流 17:40~18:00
シー・シー・シー車両設計 技術統括 水嶋徹氏
  icon_1r_64.png プレゼン資料

全体コーディネーター : 廣常啓一 新産業文化創出研究所 プロデューサー


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【同日開催】

スマートエネルギー活用ビジネスフォーラム

◎『次世代バッテリー研究会』

2014年12月9日(火) 13時~15時 

◆詳細・お申込は ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/001264.php

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スマートモビリティシステムと次世代キッチンカー、移動販売車の:研究目的

(1) 災害など非常時の避難所や公園道路の防災対策インフラとして整備。

(2) 災害時の食事供給と日常時の地域(まちや公園)の賑わいや都市観光、イベントの 効率化やエリアマネジメント組織の活動の持続化を担保するための仕組みとして。

(3) 都市の課題としての食事困難地域 買物困難地域(オフィス街昼食対応、郊外高齢化団地、他)の課題解決策とIT化による効率化、汎用性化。

(4) 法規制や振興策などの未整備である移動販売やキッチンカーの安全対策、衛生対策、コンプライアンス対策として秩序化と標準化、モジュール化。

(5) 都市の未利用空間、遊休地などの不動産の有効活用、価値の創造。

(6) 既成市街地の道路やビル、不動産のBEMSや再生可能エネルギー導入などスマートシティ化、スマートコミュニティ化の現実的な事業化のために。

(7) スマートモビリティシステムと次世代交通都市の管理運営インフラとして乗物のベストミックスと車両や電気自動車給電網の現実的な導入促進。

(8) 食や農蓄水産業振興、地方物産の販売、プロモーション、調査、6次産業化ツール

(9) 建設、不動産からエネルギー、IT、エレクトロニクス、自動車、厨房、外食、農蓄水産業など異分野産業を横串に入れたビジネスマッチングと新産業、新技術、新商品創出とベンチャー支援として。


スマートモビリティシステムと次世代キッチンカー研究会(ビジネスモデルをテーマとしてシーズとニーズの最適マッチング)では以下の分科会活動と全体の展示会やイベントを考えるイベント分科会を行います。

1) 既成市街地でのスマートエネルギーインフラ導入分科会(略称 インフラ分科会)

2) スマートモビリティシステムと国際EVプラットフォーム車両開発分科会(略称 車両分科会)

3) 次世代キッチンカー・移動販売車ビジネス分科会(略称 キッチンカー、コンビニ分科会)

4) スマートモビリティ移動販売車対応情報通信ステム分科会(略称 情報通信分科会)

5) イベント展示会開催分科会(略称 イベント分科会)


25年度から26年度に.jpgのサムネール画像

スマートエネルギーの活用、省エネビジネスは数年前から存在するものの、国内ではインフラの構築、ビジネスモデルの構築に時間がかかり「産業」としてはまだまだ未成熟な領域ではないかと思われます。

世界各国では400件以上のスマートシティプロジェクトが着々と進められ、2030年までに約4000兆円という莫大な投資がされる計画があるといわれています。

しかし、日本においては都市や住宅地の新規のスマート化、既成市街地の太陽光や風力などの発電電力の有効活用、既存ビルや集合団地のBEMSや再生可能エネルギー施設の導入や経済性、電気自動車などの街中や郊外団地での給電システムの普及や国際展開可能な車両プラットフォームの確立などその市場成熟にはまだまだ課題が存在します。今回の研究会では、現実的な導入策として、こうしたスマート化の課題に更に異分野の社会課題解決策を掛け合わせることを致します。

ビルなどの不動産や都市の未利用空間の有効利用問題、省エネ軽量厨房の開発、オフィス街の昼食難民対策、郊外住宅地の買物難民対策、都市観光や街の賑わいづくり、従来の屋台やキッチンカーの安全衛生対策、災害時の避難所などへの救援支援やエネルギー、食事の供給システムなどの課題解決策との連動となります。

スマートモビリティシステムとして街のエネルギーや情報のインフラや施設に対して次世代のキッチンカーや移動販売車(移動スーパー・コンビニ)、電源車・畜電車、給水車、食料保管冷蔵冷凍車、トイレ車などのモビリティを組合せた製品やサービスを産み出す技術をシーズとニーズ側で検討しプロトタイプ製作し実証実験として市場導入、国際展開することを目的とします。


【研究会の進め方】

研究会とプロジェクトマネジメントの進め方.bmpのサムネール画像

あいうえお



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

ページの先頭へ戻る