コーポレートコミュニケーションcafe

第3回コーポレートコミュニケーションcafe 「教育×企業広報」

130903cco

テーマ

ビジネス・経営(ベンチャー)  科学技術  コミュニケーション

開催日

平成25年9月3日(火)

時 間

18:30~20:30 (交流会20:30~) 

場 所

秋葉原UDX 4F UDXオープンカレッジ 

参加費

無 料 (飲み物等は実費、持込みOK)  懇親会は実費精算

募集人数

30名 

募集対象

コーポレートコミュニケーションやプロモーション、ブランディング等の広報や広告、メディア、IT、機器、クリエイティブに関わる方とそのイノベーションを起こす異分野の人達 
 

================================================================

3回コーポレートコミュニケーションcafé (広報広告、媒体関係者の交流サロン)

&  1回教育イノベーションcafé 共催

 

「教育×企業広報」

~企業と市民、学生を結ぶ教育CSRのインターフェイスを開発~

 ================================================================

 

【概 要】

 

CSRはメセナ活動やフィナンソロフィと違い、持続的な企業の活動や存在意義をその製品やサービス、研究内容や将来ビジョンまでを社会にメッセージを送り合意形成のもと、企業のブランド確立をするもの杜位置づけています。そのブランドは、経営ソリューションの重要なツールとしていくことが望まれています。これまでコーポレートコミュニケーションcaféでは現状の整理などを行いそのための方法論などを話題提供いただきながら話し合っていきました。

 

当日は、こうした教育と企業広報の具体的活動を実践されています「教育と探究社」の宮地社長をゲストにお招きし研究会スタートに向けたトークセッションとワークショップを行います。

今回を機会に、特に企業と市民、学生、そして媒体を結ぶ教育CSRのインターフェイスを開発する研究会をこのcaféから創り出していきたいと考えています。

 

環境CSRなどが持続社会への手法とされがちですが、教育や医療、人種問題や貧困なども重要なCSRテーマとなります。UDXオープンカレッジでも、こうした企業や研究機関、行政機関の社会への合意形成プログラムの一環として、また子供達や学生向けのプログラムとして「市民大学」や「こども大学」「産学官連携次世代イノベーション人材育成プログラム」としての活動やインタープリター育成などに力を入れております。

 

◇日 時:平成2593() 18:3020:30 (飲みながらゆる~くスタート)

◇会 場:東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX (JR秋葉原駅電気街口すぐ)

          UDXオープンカレッジ

◇テーマ: 「教育×企業広報」

    ~企業と市民、学生を結ぶ教育CSRのインターフェイスを開発~

 

【プログラム】

 

18:3018:45 ゆる~く飲みながらスタート  メンバートーク

 

18:4519:45   ゲストトーク

  ◇講師:株式会社 教育と探求社 宮地 勘司 (みやじかんじ) 氏

  ◇タイトル 「教育×企業広報」 新聞社から出たソーシャルビジネス

 

19:4520:30  フリーディスカッション&ワークショップ

  ◇ファシリテータ:新産業文化創出研究所所長 廣常 啓一

 

20:30~ 会場を変えて懇親会 

 

◎参加費:無 料 (飲み物実費) (懇親会は実費精算、3000円程度予想)

 

【ゲストプロフィール】

 

宮地勘司(みやじかんじ)

1963年長崎県生まれ。立教大学社会学部卒業後、日本経済新聞社に勤務。同社内で教育プロジェクトを立ち上げ、自らの起案により、教育開発室設立(現在の教育事業本部)、2004年に17年勤務した日本経済新聞社を退社し、株式会社教育と探求社を設立、代表取締役社長に就任、現在に至る。かわさき起業家大賞受賞、経済産業省キャリア教育アワード入選。法政大学キャリアデザイン学部で講師を兼任。

 

株式会社教育と探求社HP ⇒ http://eduq.jp/

 

◇主 催 : コーポレートコミュニケーション研究会
      (一般社団法人国際 CCO交流研究所、UDXオープンカレッジ、新産業文化創出研究所、ほか)
       教育イノベーションcaf
é

 

..................................................................................................................

 

【関連のfacebookページのご案内】

 

◇広報広告&媒体Men's café  ⇒ http://on.fb.me/VyVgja

◇コーポレートコミュニケーション研究会 ⇒ http://on.fb.me/corporate_com

◇企業博物館・科学館・歴史館・パビリオン・ショールーム ⇒ http://on.fb.me/UWZnGL

◇教育イノベーションcafé ⇒ http://www.facebook.com/kyouikiinnovationcafe

CSR・アウトリーチ研究会 ⇒ http://on.fb.me/csroutreach

◇こども大学 ⇒ http://on.fb.me/nv8FM3

◇こども大学サポーターズ倶楽部 ⇒ http://on.fb.me/v8wBUl

◇次世代イノベーション人材育成研究会 ⇒ http://on.fb.me/w1VLix

◇インタープリター科学技術コミュニケーター育成研究会 ⇒ http://on.fb.me/IjGVCR

 

 

【コーポレートコミュニケーションCafeトークライブとは】

 

 

コーポレートコミュニケーションソcafe横2.bmp 

 

 

コーポレートコミュニケーションやプロモーション等の広報や広告、メディア、IT、機器、クリエイテ ィブに関わる方とそのイノベーションを起こす異分野の人達の情報交換、交流、連携のサロンとなります 。

特に企業や団体の広報や広告、ブランディングやプロモーション、マーケティングに関わる方々、広告や広報専門会社、PRCI、ブランディングの専門会社やクリエイター、製作会社、コンサルタント、そして媒体会社、WEB、ジャーナリスト、ライターなどメディア関係者、そしてメディアの向こうに影響を持つソーシャルセクターの団体や活動者などとの交流を深めるcafeとなります。

現在、広報や広告、PRIR、プロモーションやマーケティング、CIやブランディング、CSRやアウトリーチ、インタープリケーションなどコーポレートコミュニケーションを取り巻く概念や方法論も大きく変化してきています。目的もイシュー・リスクやクライシスマネジメント、スポークスマン活動やロビー活 動、販売促進など社内整理できていないことが多くあります。
方法もマスコミ対策からイベントな どの方法、WEBSNS、コールセンターなどの24時間対応、地域活動やパブリックインボルブメント(PI)な ど。

携わる関係者も企業の広報担当や宣伝担当からCS担当のほか、支援サービスを行う広告会社やPR会社、 IR会社までばらばらとなっています。広報理論はわかるがWebがわからない、ビジネスメッセージは解るがコンシューマー向けのクリエイティブが解らないなどスキルも幅広く身につけなくてはならなくなってい ます。
また国内だけでなく歴史文化や習慣の違う海外対策、刻一刻と変化するグローバルコンシューマーインサイトへの対応も必要となっております。

企業だけでなく教育機関や病院、行政機関などのコミュニケーション活動も同様に重要となっており、組織の中でもチーフ・コミュニケーション・オフィサー(CCO)の必要性も言われています。

こうしたコーポレートコミュニケーション取り巻く環境変化に対応するため関係者の知の集積、交流、創出も目指した交流機会として「コーポレートコミュニケーションcafé」を位置づけました。cafeトークライブとして、毎回、話題のゲストスピーカーや有識者、研究者などの情報提供や講演、シンクタンクと して研究所で調査研究した結果や提言をもとに、関係講師などとのセッションや参加者とのディスカッションなども行っていきます。

ゆるく、コーヒーやアルコール、食べ物を飲みながら食べながら刺激ある知(ナレッジ)の集積、交流 、創出を支援しています。
またその中から様々な目的の研究会やワーキングを構成し、課題解決策 やビジネスプロジェクトへの誘導のほか、ビジネスパートナーなどのマッチングも行います。こちらはオープンな企画だけでなくクローズドなビジネスプロジェクトへの誘導やフェローや有識者によるアドバイ スやコンサルティングのサービス、また、各種プロジェクトマネジメントなどのプロデュースなどの支援や受託も実施しています。

Caféは毎回、皆様からの要望や依頼のほか、スタッフや研究員、社内外の専門幹事が企画調査し、テーマや出演者、参加者のコーディネートを行っています。
そのテーマに影響力のある方は是非ともご参加頂き社会課題解決やイノベーションの仕掛人として、技術やコンテンツのお持ちの方、研究やビジネ スに関わる方、興味をお持ちの方、学生や研究者、スキルアップをお考えの方などのどなたでも気軽に参加いただけるオープンプラットフォームとなっています。
一度、ゆる
cafe企画から参加してみて下さい。近日、バーチャルプラットフォームの専用のWebサイトもプレオープン致します。

広報広告&媒体Men'sCafe以外にも自動車関連の「アキバモーターショーcafé」、食の「東京フード シアターcafé」、クリエイターやアーティストの「クリエイターズcafé」、都市計画や建築、地域振興や 観光振興の「まちらぼcafé」、漫画アニメなどのイノベーションcafé、科学のための「サイエンスcafé」 、歴史研究者のビジネス活用のための「歴史café」などなどリアルなオープンプラットフォームと映像収 録や取材記事をWeb化するバーチャルプラットフォームとも組み合わせて行っています。

 

 

 

【コーポレートコミュニケーションcafeボードメンバー】


◆石橋 陽 一般社団法人国際CCO交流研究所 理事長/日本広報学 会 常任理事、関西学院大学社会学部 非常勤講師

◆矢野充彦 グリーンヒル研究所代表、元 日本新薬広報部長

◆君島邦雄 ココノッツ代表、元 テルモ広報室長

◆花上雅男 一般社団国際CCO交流研究所理事 (元 日経リサーチ副社長)

◆廣常啓一 新産業文化創出研究所 所長 (公益財団法人りそなアジアオセアニア財団理事)

(※ボードメンバーとしての幹事メンバーを募集中)

 

【これまでの開催cafe

 

◇第1コーポレートコミュニケーション研究会 平成23年4月18日(月)
グローバル化時代の新技術活用環境下でのイシュマネジメント、クライシスマネジメントとしてのコーポレートコミュニケーションマニュアル作りとCCO?
震災後対応広報を例として?

 

第2回コーポレートコミュニケーション研究会 平成23年5月12日(木)

グローバル化時代の新技術活用環境下でのイシューマネジメント、クライシスマネジメントとしての危機管理広報戦略のハンドブック作成とCCO

 

第3回 コーポレートコミュニケーション研究会 平成23年5月27日(金)

グローバル化時代の新技術活用環境下での イシューマネジメント、クライシスマネジメントとしての危機管理広報戦略マニュアル作りとCCO

 

◇第4回 コーポレートコミュニケーション研究会  平成23年7月6日(水)                              グローバル化時代の新技術活用環境下での イシューマネジメント、クライシスマネジメントとしての危機管理広報戦略マニュアル作りとCCO

 

◇第5回 コーポレートコミュニケーション研究会 平成23103日(月)                                グローバル化時代の新技術環境下(SNSからデジタルサイネージまで)での危機管理広報戦略とCCO読本作成

 

 

第1回cafe 平成25年5月23日   18:30~20:30  

 「潰しがきかない」といわれるコーポレート コミュニケーション担当者がCCO(執行役員)またはセカ ンドステージで活躍するために!

 

第2回cafe 平成25年7月23日   18:30~20:30  社会志向時代のブランド・コミュニケーション

 

◇第3回cafe 平成25年9月3日(火) 18:30~20:30  今回

 

◇第4回cafe 平成25年10月6日(日) 17:30~19:30  プログラム企画中

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

ページの先頭へ戻る