アキバモターショーcafeトークライブ

移動店舗、キッチンカー等の車輛改造と専用駐車場(道路、公園、不動産):5月アキバモターショーcafe

130521akbm

テーマ

文化(芸術・文学・エンタテイメント)  街づくり(建築・建設)  交通

開催日

平成25年5月21日(火)

時 間

19:00~21:00

場 所

秋葉原UDX4F UDXオープンカレッジ

参加費

無料 (1ドリンクおつまみ500円をご購入頂きます。追加の飲み物等は別途有料) 

募集人数

50名

募集対象

自動車が好きな方は基本どなたでも。産官学民の自動車関係者、交通産業界、自動車産業界、自動車関連産業界、電気産業界、交通産業界、街づくり関係産業界、メディア、広告、イベント産業界、情報通信関係、コンテンツ産業界、上記研究者、クリエーター、秋葉原地域関係者、電気街関係者、教育研究機関、その他
 

★当日開催の様子は、最下部に掲載しました。

 

アキバモーターショー実行委員会 秋葉原電気自動車街研究会
アキバモーターショーcafe トークライブ(まちらぼcafe、東京フードシアターcafe共同開催)
移動店舗、キッチンカー等の車輛改造と専用駐車場(道路、公園、不動産)

アキバモーターショーCafeはアルコールやお飲物片手に気軽に参加できる月例のライブカフェです。
5月のアキバモーターショーCafeは、まちらぼcafe、東京フードシアターcafeと共同でキッチンカー、フードトラックをテーマに開催しました。

【プログラム】
◇テーマ 「移動店舗、キッチンカー等の車輛改造と専用駐車場(道路、公園、不動産)」

イベント会場等で活躍するキッチンカー、フードトラックとそのビジネスモデルなどを活用し未利用地の活用やオフィス街などの昼食難民対策、休日などのまちのにぎわい創出、高齢化した郊外の既成団地の食事配膳などの街の魅力づくりや不動産のブランディングや価値向上についてのテーマです。様々な規制や技術課題解決策や規制緩和を含むスマートモビリティコミュニティとして新たな可能性についての提言も行います。
こうした車両製造会社やフードサービス産業、不動産業界など異分野でこうした潮流やフロントランナーとしてご活躍のゲストをお呼びしてトークセッションを ゆる~く 行う交流サロンです。

◇ゲストスピーカー
 ティーム有限会社 取締役 新井田 貴則 氏
 株式会社ゼック 代表取締役 永井 祐城 氏
 

◇ファシリテーター
 株式会社博報堂 ライジング・イースト・プロジェクト推進室長 小林 洋志 氏
 株式会社POD 共同代表 橘 昌邦 氏(まち奉行)
 新産業文化創出研究所 所長 廣常 啓一


【5/21の幹事】
5/21の企画運営の代表幹事は新産業文化創出研究所
今回は「アキバモーターショーcafé」「まちらぽcafe」「東京フードシアターcafe」の共催です。

【企画運営】
アキバモーターショーcaféは自動車雑誌大手2社とシンクタンクの以下の3社共同で企画運営されています。
◇幹事会社  
株式会社三栄書房
株式会社モーターマガジン社
株式会社新産業文化創出研究所


※今後、とり上げて欲しいテーマ、プレゼンテーション希望も受け付けています。ご希望される方は事務局(pr@icic.jp)までご連絡ください。

【アキバモーターショーとは】
東京モーターショーを含む国際的なモーターショーに課題が発生してきました。先進国国民の車離れ、電気自動車や燃料電池車の台頭による既存産業界の大変革、 そうした環境での街づくりや住宅、生活スタイルの変化──。こうした自動車産業界の変革と共に、これまでの展示会というイベントスタイルも変化しています。いっぽうで、「秋葉原」は、地名にとどまらず新たな文化や概念を表現するオピニオン的ブランドとなりました。
「アキバモーターショー」は、 異分野の産業やクリエーターの手によって既存概念にはまらないリアルとバーチャルのイベント。開催場所や会期に捕らわれることのない、新たな概念のイベン トとして構築します。バーチャルの中での展示会やアニメ、ゲーム、音楽等との組合せ、クールジャパンとされる「痛車」などの新カスタマイズ文化、電気街の 新たな商材や拠点として予想される電気自動車や関連パーツ、家電や住宅、エネルギーシステムとのシナジーなどが考えられます。

【アキバモーターショーcafeとは】
アキバモーターショーcafeは、アルコールやお飲物片手に気軽に参加できるトークライブとワークショップ。原則として毎月第3火曜日に開催します。テーマは2輪、4輪、クラシックな自動車やバイク、EVやパーソナルモビリティなどの「自動車全般」。月替わりでテーマを決め、ゲストスピーカーを囲んだサロン形式のワークショップとして開催します。研究者や企業、ビジネス関係者から趣味方、ジャーナリストやクリエーターが、異分野異業種で様々な角度から語り合います。カフェメンバーの議論から「アキバモーターショー」のリアルとバーチャルな実行組織を形成していきます。

【アキバモーターショー研究会】
これまで車文化を牽引してきた自動車雑誌各社、モータージャーナリスト、自動車展示会やイベントの主催、企画運営者、自動車産業界や家電業界、秋葉原の電気街関係者、次世代ビークル関係者、大学や研究機関から構成。セミナーとワークショップの組合せスタイルで2011年6月24日に第1回を開催しました。アキバモーターショーcafeの前身となっています。

【秋葉原電気自動車街】
電気自動車、電気バイクのほか、燃料電池車、パーソナルモビリティ等の次世代のビークルは、これまでの自動車産業の商流やマーケティングとは異なった戦略が求められます。内燃機関を中心としたこれまでの自動車と製造部品点数やメンテナンスにおいても新たな参入者をはじめ、ドラスティックな変化が予想されます。
また、EVを取り巻く産業界、EVが走る街の新たなインフラやネットワークも、スマートシティ、スマートグリッドなどの次世代の電力網との連携が見えてきます。その他、通信機能の内蔵のため娯楽等のアプリケーションやスマートフォン等を活用した制御やナビゲーション、改造EVや個人による組立EVキットなど、新たな市場と活用方法が見えてきています。
こうした関連産業を見ると、東京・秋葉原の電気街コンテンツそのものに見えてきます。現在でも家電量販店などでEVが販売されていますが、秋葉原の高架下などに見られる電気パーツの流通はこれからです。
秋葉原電気街もラジオブームから3種の神器、白物家電からオーディオブーム、パソコンブームから各種コンテンツパッケージ、携帯通信など時代の流れにあわせて発展してきました。外国人観光客もこうした先端的な秋葉原の商材やクールジャパンを目当てに集まります。家電やPC販売では薄利となった現在、注目されるのがEV、関連パーツ、急速充電器、家庭用太陽光パネルとの連動、スマートグリッドなどとの芋づる的ビジネスの拡大です。
そこで、秋葉原に「EVとスマートシティ」の知の活動拠点と秋葉原電気自動車街を開発し、関連する人材育成の教育機関、修理工場、EV関連のショールームやアキバモーターショーの開催などの計画が始まりました。メーカーにとってはバイヤーやプロシューマーとの情報交流、B to BによるEVビジネスへの参画機会、アキバタウンカレッジなどのEV・スマートシティプログラムの継続開催、学会等の誘致などクラスターとしての活動が開始されます。
こうしたEV・スマートシティの研究会やワークショップ、セミナー、イベントの開催と並行して秋葉原の街を活用した実証実験や新たな電気自動車街の開発とそのマーケティング戦略を研究する本企画をスタートさせます。

◆オープンイノベーションとしてのどなたでも参加できる研究会となりますので、関心のある方はお気軽にご参加ください。

◆プログラムテーマ
○日本での車離れの現状と次世代自動車(乗り物)文化と新市場
○EVをプラットフォームとするエコエネルギーからスマートシティ関連産業
○ソーシャル時代の新しいクルマ文化
○痛車にみられるクールジャパンコンテンツとクルマ文化
○秋葉原電気自動車街構想による次世代クルマ関連産業の知の拠点
○各大学のEVシーズの現状


【アキバモーターショー・Facebookページ】
アキバモーターショー、及び秋葉原電気自動車街の皆様とのSNS機能として「Facebookページ」を開設いたしました。以下にアクセスして「いいね」を押してください。アキバモーターショーのコミュニティとして様々なイベントのご紹介やご案内の他、関係者のご意見や書き込みを受け付けています。
http://www.facebook.com/akiba.mortorshow



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

新産業文化創出研究所の廣常代表からは、「クルマ好きが集まる『アキバモーターショーcafé』、街づくりの交流サロン『まちらぼcafé』、新食系イノベーションのプラットフォーム『「東京フードシアターcafé』が共同で『次世代モビリティ活用とスマートシティの研究会』という研究会を作っていくために本日の会を開催した」と述べられました。 「移動キッチンカーはにぎわい創出、買い物難民、新産業創出(飲食、電気自動車、電化厨房、スマートコミュニティ、都市インフラ整備)、災害時対策となるもので、研究会、分科会を作りながら、時間軸・マーケットに合わせながら進めていきます。」 株式会社POD 共同代表 橘 昌邦 氏からは、同社がブランディングマネジメントとして関わる中野駅前の中野セントラルパークにおいて、大型オフィスビルの課題でもある昼食難民対策として屋台の導入に取り組んでいるとのこと。インフラをどのように作って行くかが今後の課題と述べられました。
ティーム有限会社 取締役 新井田 貴則 氏からは、今年二月から開始している中野セントラルパークでの昼食難民対策としての試験的フードトラック出店の管理や、フードトラックの潮流をお話しをしていただきました。装飾やメニューによって魅力ある演出をすることができ、店先の有効活用や出店者の入れ替えによる目新しさの提供も可能だが、街に溶け込む配慮が必要と述べられました。 株式会社ゼック 代表取締役 永井 祐城 氏からは、移動キッチンカー制作の立場から、今までの制作実績、制作までの流れ、どのような法規制をクリアする必要があるかなどのお話しをいただきました。キッチンカーには騒音や電源、排気ガスなど多くの課題があり、安全で災害時対策にもなるようなキッチンカーの制作とインフラ作りが必要であると述べられました。 「キッチンカーには様々な課題があります。その課題を『次世代モビリティ活用とスマートシティの研究会』でチームを作り、解決していけたらと思います。本格キッチンを搭載した車両作り、スマートメーターの搭載、GPSシステム、エネルギー供給システム、キッチンカー受け入れ場所の整備(排水や電源など)、衛生管理条件の整理、縦割り省庁の届け出の課題、配車システムの確立、キッチンカーの社会偏見払拭など。研究会メンバーを募集しています。」
ページの先頭へ戻る