マンガ・イノベーションcafe

第1回マンガ・イノベーションcafe「マンガ書店員バトル コミック担当者から見た書店の未来」

130330manga

テーマ

ビジネス・経営(ベンチャー)

開催日

平成25年3月30日(土)

時 間

18:00~20:30(17:40開場。終了後、交流会)

場 所

秋葉原UDX4F UDXオープンカレッジ

参加費

1000円+別途1ドリングオーダー

募集人数

35名

募集対象

マンガ、アニメ、ゲーム業界の方、そうした業界とコラボレーションを求めている異業種の方
 

マンガ・イノベーションcafe
第1回マンガ・イノベーションcafe「マンガ書店員バトル ~コミック担当者から見た書店の未来~」

 

マンガ・イノベーションcafeはマンガ作家やエージェント、版元、媒体社、IT、デジタル技術、次世代メディア等の関係者と異分野の方々が、マンガの新たなビジネスモデルの創出や新たなクリエーターの発掘支援等によりイノベーションを目指す交流サロンになります。

今回は特別編として、2012年度の各種マンガランキングの総括(年末に開催したマンガドラフト会議の結果発表も含む)や書店の未来について話しあいました。

書店のコミック担当者が語る近年の売れ筋漫画・ランキングノミネート作品の傾向や、マンガ業界・書店の行く末について、参加者の皆さんと秋葉原で、ゆる~く集まり、飲みながら楽しむトークイベントとして開催しました。
 

【プログラム】


18:00 開始 ご挨拶とマンガイノベーションcafe概要

18:15 (前半)2012年度マンガランキング予想結果発表、ランキング総括

    ・「このマンガがすごい!」「このマンガを読め!」「マンガ大賞」の予想結果発表
    ・各ランキングの総評 
    ・ランキングによる書店でのコミック販売数への影響について など

19:00 (後半)コミック担当者から見た書店の未来

       今年のマンガ界の予測やこれから来るイチオシマンガの紹介から書店の現場から、
      コミック担当者の裏話までここでしか聞けないような話を行います。

20:00  質疑応答

20:30  終了(終了後、希望者は懇親会)


【出演】
三木雄太(往来堂書店/@ohraido_comic
1987年東京都生まれ佐賀県育ち。文京区千駄木の往来堂書店に大学在学時から勤務をはじめて6年。昼はIT企業に勤め、夜だけ書店員の二重生活。通勤の行き来で雑誌を読むのが楽しみ。2011年度は「このマンガを読め!」と「マンガ大賞」に寄稿。コミック担当書店員のチーム・コミタン!@comitansも活動中。
 

石田真悟(あおい書店横浜店)
1986年生まれ。あおい書店横浜店にてコミック、ライトノベル等を担当。アルバイトとして書店に入り、2012年で書店員生活7年目。
 

太田和成(あゆみBOOKS五反田店)
1984年生まれ。あゆみBOOKS平和台店→早稲田店→五反田店、共にコミック担当。アルバイトから合わせると書店員歴8年。2012年は「このマンガがすごい!」(宝島社),「このマンガを読め」(フリースタイル)にランキングを寄稿。
 

山内康裕(マンガナイト代表)
1979年、東京生まれ。2009年、マンガを介したコミュニケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成。マンガとの出会いやマンガで人がつながる状況を作ることを目的に、各種ワークショップイベントやトークイベントの企画・運営、書店・カフェでの選書、プロダクト開発・販売、執筆活動を行っている。2011年度、2012年度ともに「このマンガがすごい!(宝島社)」へ選書協力。
 

【司会・進行】
芹田治(エコーズ株式会社 代表取締役社長)
1985年、横浜生まれ。2012年、漫画とインターネットの会社、エコーズを創業。企業向けの広告漫画の制作やWEB制作・マーケティング事業を営みながら、WEB漫画をもっと読みやすく楽しめるWEB漫画投稿サービスを開発中。社名の由来は某漫画のキャラクター。

 

【マンガ・イノベーションcafe開催日程】

 
第4回 平成25年6月21日(金)

 


 

f_logo35.jpg 関連Facebookページ

マンガ・イノベーションcafe ⇒ http://bit.ly/mangaIV

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

今回はマンガ・イノベーションcaféの特別編として、「マンガナイト」の代表を務められる山内康裕氏が昨年行なった「マンガ書店員バトル」の結果を、3人の若手書店員をお招きして発表し、書店の未来についてのトークセッションが行なわれました。3名の書店員からは、多くの読者に読んでいただけるための現状、そして戦略的な部分をお話いただきました。 山内氏、そして3名の書店員の皆様からは、ランキング前からの各店舗の本の売れ方の推移を参照にしながら、書店の実情、書店員の予測の立て方などをお話いただきました。ランキング発表は、読者への話題提供という意味で、一定の効果があることが示されました。 2012年度の「このマンガがすごい!」「このマンガを読め!」「マンガ大賞」のランキング予想で、トップとなりました。書店業界の今後に対して、正社員が減り、アルバイトに任せる業務が増える中で知識の空洞化が起こるのではないかという懸念の声が聞かれました。また、他にマネタイズできる方法なども模索し、マンガやコミックに留まらない、世間が面白いと思っていただけるような仕事をしていきたいと抱負を述べられました。
あゆみBOOKS五反田店の太田和成氏。書店業界の今後に対して、生き残れるのは個性のある店舗であり、ここにいけば面白いコミックがある、得点があるなど、付加の提案が必要とされました。書店員の仕事については、若い人がやりやすい要素がたくさんある仕事だけども、今後も続けていきたいと述べられました。 あおい書店横浜店の石田真悟氏からは、今後はセレクトショップが生き残り、話題書を作っていく必要があると述べられました。また、書店員の現状として決してお給料面、時間面等で余裕のある仕事ではないので、マンガ業界で新しいビジネスモデルを作るためにも、みなで集まって話し合えるプラットフォームが必要と語られました。 会場からは、クラウドファンディングの事例が挙げられ、マンガでもそのようなマネタイズの仕組みを構築していく必要があるのではないか、という意見をいただきました。山内氏からは現在行なわれているクラウドファンディングの事例紹介をしていただき、その可能性について語られました。今回の進行をしてくださったのは、エコーズ株式会社 代表取締役社長の芹田治氏でした。
ページの先頭へ戻る