アニメビジネス・パートナーズフォーラム ワーキングテーマ#2

(#2-1)アニメ&キャラクターでつくる世界商品 世界に向けたアニメ&キャラクター二次利用商品・ライセンス市場開拓:アジアにおける二次利用市場の現状と課題

1211xxanm#201

テーマ

ビジネス・経営(ベンチャー)  文化(芸術・文学・エンタテイメント)

開催日

平成24年11月12日(月)

時 間

17:00~19:00

場 所

秋葉原UDX4F UDXオープンカレッジ

参加費

UDXオープンカレッジからお申込みいただくと 法人1口7万円 個人1口4万円

募集人数

40名

募集対象

アニメコンテンツ&キャラクター権利者、既存ライセンシー企業、新たなライセンスを希望する中小企業含む企業、海外ライセンシー企業、海外メーカー系企業、日系海外小売チェーン、他
 

アニメビジネス・パートナーズフォーラム
ワーキングテーマ#2
「アニメ&キャラクターでつくる世界商品 ~世界に向けたアニメ&キャラクター二次利用商品・ライセンス市場開拓~」

 

中国、東南アジアを中心に、アニメ&キャラクターのプレイヤーとライセンシー企業及び日系小売りチェーンなどのプレイヤーにより、海外向け商品化や販促プロモーション、新サービスの開発などを計画し、新たなコラボレーション・モデルを開発することを目的とした全6回のワーキング。


【第1回】
テーマ:アジアにおける二次利用市場の現状と課題

展開内容
・参加者自己紹介(海外展開における課題発表)
・アセアンにおけるアニメ&キャラクター商品化・流通の現況及び展望(イオンモール)
・解説:「MD×プロモーション×流通」というアニメ&キャラクターの海外展開における基本的な手法


【ワーキングテーマ#2 開催日程】
2012年11月12日(月) 第1回 アジアにおける二次利用市場の現状と課題
2012年12月6日(木) 第2回 中国における二次利用市場の可能性
2012年12月19日(水) 第3回 中国におけるライセンスビジネスの可能性
2013年1月29日(火) 第4回 アセアンにおける二次利用市場の可能性
2013年2月12日(火) 第5回 中国における「MD×プロモーション×流通」のビジネスモデル
2013年2月26日(火) 第6回 アセアンにおける「MD×プロモーション×流通」のビジネスモデル

 

●主催:日本動画協会  ●後援:経済産業省
●協力:秋葉原観光推進協会、アジアITビジネス研究会、映像産業振興機構、NTT都市開発、キッズデザイン協議会、CANVAS、新産業文化創出研究所、デジタル教科書教材協議会、デジタルコンテンツ協会、デジタルサイネージコンソーシアム、日本音楽制作者連盟、日本オンラインゲーム協会、日本玩具協会、日本商品化権協会、日本レコード協会、モバイル・コンテンツ・フォーラム、融合研究所、ユニジャパン(50音順)
●運営:キャラクター・データバンク、ヒューマンメディア



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

ページの先頭へ戻る