エネルギーイノベーション研究会 みんなのエネルギー会議

最適な自然エネルギー発電導入 ~日本の潜在的な自然エネルギー資源、品質確保のための制御法など

120125 eino

テーマ

資源・エネルギー  科学技術  街づくり(建築・建設)

開催日

平成25年1月25日(金)

時 間

15:00~17:00

場 所

秋葉原UDX4F UDXオープンカレッジ

参加費

無料

募集人数

20~30名

募集対象

エネルギーや環境に関心のある一般の方(子供、大人)、街づくり、設備・通信関係、エネルギー関係者、等
 

明治大学理工学部電気工学専攻 教授 熊野照久氏より、再生可能可能エネルギーのそれぞれの可能性を示していただきながら、最適な自然エネルギー発電導入のためのポイントとしてメガソーラの設置場所、風力発電機の制御法、蓄電池の運用、可変速揚水発電機の可能性をお話いただきました。

 

xxxxxxxxxxxxxxxxxx

日本の国土が持つ潜在的な自然エネルギー資源、最適な設置場所、品質確保のための制御法などを明治大学理工学部電気工学専攻 教授の熊野照久先生にお話していただきます。

================

・日本の国土が持つ潜在的自然エネルギー資源量
・メガソーラー発電所設置地点の最適化
・電力品質確保のための風力発電機の制御法
・自然エネルギー発電導入拡大のための蓄電池運用法と最小必要容量の算出
・可変速揚水発電機

meiji-u_kumano_teruhisa.jpg

明治大学理工学部電気工学専攻 教授 熊野照久氏

【プロフィール】

(正員) 1963年2月4日生。1990年3月東京大学大学院博士課程修了。工学博士。同年4月㈶電力中央研究所入所。2004年11月明治大学助教授。2010年4月同教授。2003年電気学術振興賞(論文賞)受賞。電力系統と電力用大型回転機の解析・運用・制御の研究に従事。電子情報通信学会,IEEE会員。

 

【平成25年度プログラム】

P1170701.JPGのサムネール画像

P1150261.JPG

 

 

 

 

 

 

 

◇平成25年4月20日(土)(エネルギーの市民大学)
熱エネルギーの有効利用

◇平成25年5月31日(エネルギーの市民大学/こども大学サポーターズ倶楽部)
『潤いのある低炭素社会と感性豊かな子供の育成』

◇平成25年6月21日(エネルギーの市民大学)
『創・省エネルギー技術として注目が集まる熱電発電
~棄てられている未利用熱からの発電』

◇平成25年6月27日(エネルギーイノベーション研究会)
『廃棄物・バイオマスからのエネルギー回収 - 夢を語り現実を視る』

◇平成25年7月12日(地産地消エネルギー普及研究会)
『(仮題)鹿児島県工業団地の自然エネルギーを活用したまちづくり事例
 ~地域の合意形成、資金調達、街づくりとしての広がり』


【平成24年度プログラム】

◇平成24年11月25日(ウェアラブルスマートエネルギー研究会)
『ウェアラブルスマートエネルギー 局所冷暖機能「ネッククーラー」の応用』

◇平成24年12月18日(エネルギーの市民大学)
『東京で地熱利用は可能か―地熱利用の仕組み・課題・可能性、そして東京では―』

◇平成24年12月25日(ウェアラブルスマートエネルギー研究会)
『ウェアラブルスマートエネルギー 温度制御機能の応用分野を考える』

◇平成25年1月25日(エネルギーイノベーション研究会)
『最適な自然エネルギー発電導入 ~日本の潜在的な自然エネルギー資源、品質確保のための制御法など』

◇平成25年2月8日(エネルギーの市民大学)
『近い将来のエネルギー供給 新しいエネルギーの紹介、利用に必要な条件』

◇平成25年3月8日(エネルギーの市民大学)
『地産地消型バイオエタノール生産システム確立の試み』

 

◆平成24年8月12日(みんなのエネルギーフェスタ2012)
『エネルギーを着る、そしてコンピュータを着る』
①エネルギーを着る技術の進化
②快適・省エネヒューマンファクタ-に基づく携帯形電子冷暖房の開発(
③超小型衝撃発電システムの紹介(
④ジャイロ発電機
⑤RFIDファイバー、RFIDテキスタイルの紹介
⑥柔らかいウエアラブル用電子回路について
⑦日常生活見守り技術
⑧ヒューマンプローブ
⑨高齢者資源の利活用
⑩ウェアラブルファッションを通して考える今後の社会

◆平成24年8月12日(みんなのエネルギーフェスタ2012)
『サスティナブルシティ』~市民提案による新しい社会システム~
①桐生市における市街地の再生』 (まちづくりの視点)
②『EVテクノロジーとまちづくり』(テクノロジーの視点)
③『サスティナブルシティための国の役割』
④『セグウェイを利用したつくば市特区実証実験の現状』
⑤『地域エネルギーによる地域おこし でんき宇奈月プロジェクト』

◆平成24年8月13日(みんなのエネルギーフェスタ2012)
『電源構成における3つのシナリオ』

◆平成24年8月13日(みんなのエネルギーフェスタ2012)
『今後のモビリティ社会について~超小型EVのあるくらし』

 

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

新産業文化創出研究所 所長 廣常啓一からは「これからはエネルギー技術を一方的な形で導入するのではなく、エンドユーザーの方々と合意をとりながら行って行く必要がある」とされ、みんなのエネルギー会議開催の理由が述べられました。 今回の講師である明治大学理工学部電気工学専攻 教授 熊野照久氏は、五つの項目に従って先生ご自身のご研究内容を織り交ぜながらお話いただきました。 まずは日本が持つ潜在的自然エネルギー資源量について、その算出方法や利用可能量などをエネルギー別にお話いただきました。
続いて、当日のタイトルにもあるように、最適な自然エネルギーとなるための制御法や考え方のご紹介をいただきました。・メガソーラの設置場所、・風力発電機の制御法、・蓄電池の運用、・可変速揚水発電機など。 最後に、熊野先生の考えられる「将来の我が国の電源運用イメージ」のご紹介をいただきました。2020年を想定し、ピーク時の使用電力を16000万kwとし、それぞれの電源利用を時間ごとにシミュレーションしたものが提示されました。 参加者からは、洋上風力の利用や制御法算出の条件などの質問がありました。
ページの先頭へ戻る