健康医療セミナー「がん」 know(≠no)more cancer

もっと知ってほしい「脳腫瘍(成人・小児)」のこと

111119

テーマ

健康医療(福祉・介護・運動・美容)

開催日

平成23年11月19日(土)

時 間

13:00~16:00

場 所

秋葉原UDX 4F UDXギャラリーNEXT3

参加費

無料

募集人数

80名

募集対象

がん患者、そのご家族、健康、医療に関心がある方、がんに関心がある方、医療関係者、他
 

健康医療セミナー「がん」 know(≠no)more cancer
もっと知ってほしい「脳腫瘍」のこと

テーマは「Meet the Experts"がん専門医に訊く" もっと知ってほしいがんのこと」。
肺がん、胃がん、大腸がん、肝が ん、乳がん、婦人科がん、泌尿器がんなど、各回テーマを設け、その分野のエキスパートをお招きします。専門医によるレクチャーとパネルディスカッション、 Q&Aセッションなど、がんについての最適な情報を提供します。毎月第三土曜日が定例となっています。セミナーの様子はインターネットで生中継。ご自宅のパソコンから「健康・医療の市民大学」サイトで見ることができます。「健康・医療の市民大学」では、過去に開催したセミナーの動画も公開しています。

この回は「脳腫瘍」のことをテーマに開催しました。

【プログラム】
13:00-13:05 開会挨拶

13:05-13:50 基調講演① 「脳腫瘍(成人)の診断・治療と今後について」
 国立がん研究センター脳脊髄腫瘍科 成田 善孝

13:50-14:35 基調講演② 「脳腫瘍(小児)の診断・治療と今後について」
 ベイラー医科大学/テキサス小児がんセンター 寺島 慶太

14:55-15:55  Q&A・トークセッション もっと知ってほしい「脳腫瘍(成人・小児)のこと」
 司会:NPO法人キャンサーネットジャパン 川上 祥子 氏
 パネリスト:国立がん研究センター脳脊髄腫瘍科 成田 善孝
       ベイラー医科大学/テキサス小児がんセンター 寺島 慶太

15:55-16:00 閉会挨拶
 NPO法人キャンサーネットジャパン事務局長 柳澤 昭浩

※本セミナーの動画は<コチラ>で公開しています。 ⇒ 健康・医療の市民大学


【関連サイト】
「健康・医療の市民大学」公式ページ ⇒ http://www.town-college.jp/health
「健康・医療の市民大学」Facebookページ ⇒ http://on.fb.me/xSYqEW



このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このイベント・講座は終了しました。

リボン運動によりがんの種類を色でシンボル化。脳腫瘍のリボンカラーはグレー。 司会の川上氏。「がんを拒絶(no)するのではなく、より知る(know)ことで正しく向き合おうという意味をこめて、know(≠no)more cancer というサブタイトルをつけています 国立がん研究センター脳脊髄腫瘍科 成田 善孝 氏。「脳はコンピューター、脊髄は電線です。腫瘍がどの場所にできるかによって、症状が全く異なります」「良い薬でも承認されないと保険が効かず高い。患者の皆さん、厚労省へ早期承認の希望をぜひ出してください」
ベイラー医科大学/テキサス小児がんセンター 寺島 慶太 氏。「白血病が治るようになってきたため、小児がんで死亡№1は脳腫瘍になりつつあります」「QOL向上のために、早期から緩和ケアを行うケースがありますが、必ずしもターミナルケアではありません」 トークセッション。「脳腫瘍患者が自宅療養する場合には、誰かが24時間ついていることが大切。目を離した隙に何かで窒息死するなどリスクについてお話しします(成田氏)」「がんの話では遺伝子という言葉がよく出てくるので、がんは遺伝すると思われることがありますが、これは誤解です。遺伝子が突発的に変異して細胞ががん化する、ということです(寺島氏)」等 キャンサーネットジャパン柳沢氏。「子宮頚がんなどには検診やワクチンが有効ですが、脳腫瘍ではそうではない。誤解せずに正しい情報を捉えることが大切です。アメリカはその点では少し進んでいますが日本では怪しい不確実な情報が多い。セミナーでは正しい情報を吟味して出していきます」
ページの先頭へ戻る