ニュース

一覧はこちら

2016年11月 8日(火)

事務所を引っ越す。まちづくりのプロジェクトと新事務所移転先の募集!!
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
1.事務所を引っ越す。
  ⇒ まちづくりのプロジェクトと新事務所移転先の募集!!
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ICICは、社会や地域の課題を解決する、そのための新市場と新ビジネスや技術、文化の創出を実現するための培地地域との最適マッチングを行ってきました。

その中でも、ICICの事務所拠点である秋葉原は、特別な地域として11年間、開発事業者(秋葉原UDX)の協力のもと、様々な社会実験やプラットフォーム形成に力を注ぎ、一定以上の成果をあげてまいりました。
国際的ブランドの「まち」として、また、イノベーションを期待させる「まち」として、11年前とは、秋葉原の様相が一変いたしました。

このたび、ICICでは、新たなまちづくりを必要とする都市再生地域などで、異分野の産官学民など、多様な主体が集積、交流し、新たな産業や文化の創出をお考えの地域やプロジェクトを募集しています。

ICICの新天地、新プロジェクトとしても、事務所を移転し、人材を育て、根を張った活動をご一緒できる引っ越し先の地域や施設とその事務所を探すことにいたしました。

候補地は、
地域事務所としては、全国各地、プロジェクトに応じて都度、開設します。
本社拠点の移転先は、東京、及び周辺都市で、まちづくりのプロジェクト地域。
移転時期は2017年1月予定!!  

規模や配置人員、予算、移転の期間は、まちづくりのプロジェクト規模や期間、業務の内容、成熟具合に併せて検討いたします。
プロジェクトによっては、パートナー企業や関連産業オフィスの連携移転や集積も視野に入れています。

ICICスタッフは公園の中のような緑溢れるワークスペースを希望しています。(笑)

 ※パークマネジメントと次世代公園研究会では、公園と、その周辺不動産や
  施設の価値創造をテーマに、「公園と多様な技術や機能を活用した生産性
  の高まるワーク空間の創造」の部会も開催し、参画企業や研究機関も募集
  いたします。
  参考 ⇒ http://www.icic.jp/park_management.html

事務所移転を伴わない、まちづくりは、これまで同様、国内外、全国各地を対象とし、業務として、これまで通りご協力して参ります。

情報をお待ちしています。
 メール ⇒ pr@icic.jp
 電話 ⇒ 03-5297-8200

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
2.次期社長、所長、そして、研究員やプロデューサーを見つけて育てる。
  ⇒ 研修生、スタッフ人材、パートナー人材や企業を募集!!
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ICICは、サスティナブルな活動を実現のために、人材の発掘や育成、人材の独立
や社会への展開が重要と考えています。これまでも、プロジェクトマネジメント
する案件や企業への移籍や独立を支援してきました。

クライアントより依頼を受け、新たな産業や文化の井戸を見つけて掘る会社として、
井戸より水が出ることが解ると、井戸を汲む人、水を飲む人にバトンタッチする
稀有な研究所です。

関係人材も、掘った井戸を育てる、守るために継続的に携わることにより、その
モチベーションやスキルを適材適所へ投入することが出来ると考えています。

そのために、人材を囲い込むことなく、孵化機能を持ちながら、フレキシブルな
スタッフィングを行ってきました。これからも同様の方針で研修生や出向者も
受入れ、また、プロパー所員もプロジェクトへ派遣致します。

そんな中、人材の社会やプロジェクトを事業化する企業などへの移動や起業誘導
だけでなく、こうした機能や方針を維持するためのICICの事業承継する人材発掘
や育成も、併せて考える必要も出てきました。

ICICの経営トップを担う社長や研究会などのプラットフォームを担う所長、
そのため経験を踏むコンサルタント、研究員(インターンシップ)、プロジェクト
のプロデューサーやアシスタント、WEBを含む情報発信のための編集者や調査員
などを募集いたします。
勿論、現在の研究所員も対象としています。

詳細は、メールでお問い合わせください。個別に対応いたします。

 スタッフ募集は ⇒ http://icic.xsrv.jp/company/recruit/

 ICICの業務内容は、 ⇒ http://icic.xsrv.jp/introduction/

 希望者、紹介者は、 ⇒ pr@icic.jp

研修や出向、スタッフや次期経営トップを目指す方は、メール、郵便で経歴書等、
お送りください。応募者の秘密は保護されます。


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
3.イノベーションを創りだす。
  ⇒ 新技術や新ビジネス、新市場開発のプロジェクトをお考えの企業、
    団体、自治体を募集
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ICICは、これまでもイノベーションをテーマに、新たなコンセプトを創造し、
現在から将来に渡り起こるであろう課題と課題解決策開発のプロジェクト化のほか、
潜在的市場の市場の創造、つまり、ニーズの可視化とニーズに合わせた新技術や
新商品の開発やマッチング、ビジネス化のためのプロジェクトを仕掛けて
まいりました。

その方法として、企業や行政の、この領域での調査や研究、アドバイスや
コンサルティングとプロジェクト化やプロデュース支援などを実施しています。
そのほか、依頼主に効果的な情報発信やオープンイノベーションのための研究会
などのプラットフォームの組成や運営も、その一つです。

市場創造のための機運や話題作りから、事業化のための産学連携や公民連携、
そして、川上川下連携や国際連携などのビジネスマッチング、マーケティング
やプロモーション、コミュニケーション活動の計画や実施の業務支援も
プロデュースの一環です。

また、自治体などが推進する地域の産業創出プロジェクトや制度化、ビジネス
プラットフォームの形成や産業団地(サイエンスパーク等含む)支援なども行います。

技術や業種業態、課題や市場のテーマの種類は、問いません。
これまでの依頼者の専門的な業種、業界、それを支える学問体系や経験者だけでは、
イノベーションが産み出せないことが多いことから、ICICでは、オープン
イノベーションとして、異分野の技術や業界、市場などとの有機的連携を促進する
プロデュースを行っています。
こうした、新たな角度からのチャレンジを新技術や新ビジネス、新市場開発の
プロジェクトに応用して頂いては如何でしょうか。

情報をお待ちしています。
3番目の募集は、営業のようになってしまったようです。失礼いたしました。(笑)

 会社WEB ⇒  http://www.icic.jp/
 メール  ⇒ pr@icic.jp
 電話  ⇒ 03-5297-8200 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る