ニュース

一覧はこちら

2015年11月19日(木)

プロジェクト・ユニットのマッチング支援、応募から現実化までの流れ

①プロジェクト概要の確認
説明会、研究会への参加(シンポジウム・セミナー・アイデアソン・ワーキング)

②ユニット向け応募資料への記載、応募        ⇒ 研究会提案の承認
 ユニット向け研究、技術、製品、事業、人物の推薦 ⇒ 研究会提案の承認

③研究会での提案(プレゼンテーション)
アイデアソン、ワーキングでのユニット形成、また実装先、資金や販路のための最適マッチング支援
 実現のための各種検証、目利き、権利確認、法的確認

④評価委員会での公式ユニット選定 ⇒ ・優秀提案認定・認定・要修正・却下
 情報公開・記者発表

  

⑤ユニット単位での実施計画書の策定提出、事業計画、図面、予算、スケジュール等
 計画書評価、確認

⑥商品化・事業化マッチング(資金調達、プロトタイプ製造、知的財産処理等)
 実証実験、社会実装手続き、マーケティング支援

⑦イベント、展示会、市場導入、社会実装 ⇒ 社会評価、ビジネス評価

⑧ビジネスステージアップ ビジネス計画書策定審査
 ビジネス化選定評価、ビジネスマッチング(投資~販路)、ハンズオン支援、事業拡大支援

図10.jpg



このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る